ナマクラ流ズボラ派家庭料理研究家・奥薗壽子さんへのインタビュー#2:スクスクのっぽくん

プロに聞く! 奥薗壽子プロフィール

1962年京都生まれ。4000gの巨大な新生児だった。 神戸市外国語大学卒業後、役者を夢見るも就職。ホテルウーマンを経て旺盛な好奇心を生かし、イラストレーター、精神科医助手、専業主婦などさまざまな職に就くが、6才以降実家の母親から家の食事をまかされていた料理好きの夢を叶えるため料理研究家に。簡単なのに本当においしい家庭料理を常に研究心をもって取り組んでいる。 テレビ、雑誌などメディアを問わず活躍中。近著に『奥薗壽子の読むレシピ』(産經新聞出版)など。

お母さんが頑張りすぎないこと

子どもを育てていると「ごはんを食べてくれない……」という悩みにぶつかる時期は必ずといっていいほどあると思います。
奥薗さんは、そんな悩みを抱える子育て中のお母さんの味方。

「一食食べないからといって、栄養バランスが崩れるわけではないですよ」

目からウロコの言葉が奥薗さんから飛び出しました。

「朝ごはんを食べることはすごく大切なことですよね。
でも、子どもが朝食を食べないからといって朝からけんかになってしまっては、そちらの方が楽しくないと思いませんか?」

その日初めての食事である朝食を子どもが食べないと、お母さんはやはりナーバスになりがちですが、「せっかく作ったから」と押し付けがましくなってしまっているのかもしれませんね。

奥薗壽子
いつも明るく、元気な奥薗さんは話すときの表情がとてもイキイキしています

でも、きっと子どもは楽しければ「食べたい」と思うはずですし、それが栄養に、はたまた「食」への興味にもつながるのではないでしょうか。

「平日の朝は、お子さんだけでなく、お父さんの会社の支度などもあり、お母さんだって忙しいもの。
朝食だけで栄養バランスを取ろうと思わないで、1日の食事全体で考えればいいのではないですか」と奥薗さん。

なるほど。親がまじめにやり過ぎて自分自身にストレスを貯めては、子どもものびのびできない。
奥薗さんが提唱する“ナマクラ流ズボラ派”の精神は、料理だけでなく子育て、さらには子どもの健やかな成長にも通じている、そんなことを奥薗さんは教えてくれているようです。

奥薗さんが実践した、子どもが朝ごはんを楽しく食べられる方法を教えていただきましょう。

「単純ですが、子どもが好きなものを出すこと。
『食べてくれない』と悩むより、喜んで食べていれば同じものばかりでもいいんです。
私も昔、子どもが全然食べてくれなくて本当に悩んだものでした。
一生懸命、栄養バランスを考えた献立を出しているのに……って。
でも、ある時ハッと気づいたんですね。
子どもにとっては栄養よりも、楽しく食べて、食べることが楽しいと思える方が大切なんじゃないかって」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る