ナマクラ流ズボラ派家庭料理研究家・奥薗壽子さんへのインタビュー#1:スクスクのっぽくん
TOPページ » プロフェッショナルに聞く!生きる力の育て方! » ナマクラ流ズボラ派家庭料理研究家 奥薗壽子さん

プロに聞く! 奥薗壽子プロフィール

1962年京都生まれ。4000gの巨大な新生児だった。 神戸市外国語大学卒業後、役者を夢見るも就職。ホテルウーマンを経て旺盛な好奇心を生かし、イラストレーター、精神科医助手、専業主婦などさまざまな職に就くが、6才以降実家の母親から家の食事をまかされていた料理好きの夢を叶えるため料理研究家に。簡単なのに本当においしい家庭料理を常に研究心をもって取り組んでいる。 テレビ、雑誌などメディアを問わず活躍中。近著に『奥薗壽子の読むレシピ』(産經新聞出版)など。

「一番大切なのは、子どもが成長したときに、子どもが『いい家族に愛されたな』と思えること」(奥薗壽子さん)

奥薗壽子 「料理は楽しくシンプルに」をモットーに、テレビや雑誌で活躍中の料理研究家・奥薗壽子さん。
簡単でも間違いなくおいしくてヘルシーな料理に定評があり、ご自身のことを“ナマクラ流ズボラ派家庭料理研究家”と名乗るほど。
一男一女の二人のお子さんを育てるお母さんでもある奥薗さんが教えてくださったのは、お母さん自身が今よりちょっとラクに、だから楽しくなる子育てのアイディア。
このなかには、子どもがのびのび豊かに育つためのヒントがたくさんありました。

プロの子供時代がまるわかり!のっぽくんの一問一答!

プロの子供時代がまるわかり!のっぽくんの一問一答!

*奥薗さんはどんな子どもでしたか?
「おばあちゃんに甘やかされて育ったため、食べ物の好き嫌いが激しい子どもでした。でも、おばあちゃんと別に暮らすようになって、食卓に嫌いなものが並ぶので「食べたくない」と言うと、私のお母さんは「いいよ、食べなくて。でも、食べるものないからね」という人だったんですね。おかげで食べるものがなくなっちゃって(笑)。母親は無理に食べさせようとする人ではなかったから、中学までは嫌いなものは一切食べませんでした。」
*料理に目覚めたのは?
「幼少のエピソードからもおわかりのように、母親が料理嫌いだったため、小学校一年生の時から台所には立っていましたね。元来の好奇心の強さが功を奏したのか、いつの間にか外で遊ぶより料理が楽しくなっていましたが、料理研究家になるつもりなんて毛頭ありませんでしたよ。」
*“ズボラ料理”とは?
「手を抜いたから「このくらいの味でいいだろう」という後ろ向きな手抜きではなく、余計な手間を省いて必要な工程だけを残した料理のことです。頑張り過ぎるという手間を抜くからこそ、素材の味が生きて、おいしさを引き出せるということです。」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る