グラフィックデザイナー・長友啓典さんへのインタビュー#1:スクスクのっぽくん
TOPページ » プロフェッショナルに聞く!生きる力の育て方! » グラフィックデザイナー 長友啓典さん

プロに聞く! 長友啓典プロフィール

1939年大阪生まれ。 1964年桑沢デザイン研究所卒業後、日本デザインセンターを経て、1969年にイラストレーターの黒田征太郎氏と「K2」を設立。 雑誌、書籍、各種広告、企業CI、及びイベント会場構成のアートディレクションを手がけるほか、多数の小説に挿絵、エッセイ連載など、ジャンルを問わず幅広い分野で活躍中。 日本工学院専門学校グラフィックデザイン科顧問、東京造形大学客員教授。 『クリネタ』編集長、月刊『スッカラ』編集長。

「ご自分が心から感じられたことなら、きっと子供にも伝わるはずです。」(長友啓典さん)

長友啓典 古くは雑誌「平凡パンチ」「流行通信」から「ソトコト」まで。数多くの雑誌や書籍などを、デザインのフィールドから牽引してきたグラフィックデザイナーの長友啓典さん。
デザイナー歴50年という時間の中で、長友さんが見てきたもの、感じてきたものは、子供にも大人にもあてはまる、楽しく生きるヒントがたくさんつまっていました。

プロの子供時代がまるわかり!のっぽくんの一問一答!

プロの子供時代がまるわかり!のっぽくんの一問一答!

*子供の頃は・・・
「僕が子供の頃はだいぶ前のこと、戦後すぐです。ものが溢れている今とは違い、何もない時代でしたから、野球をするにしたってバットもボールもない。だから石にボロきれをぐるぐる巻きつけたボールと、どっからから拾ってきたバットを使って遊んでいました。ゲームが終わる頃には、ボールもボロボロでしたね(笑)。」
*最近、印象に残った出来事は・・・
「昨年末、上海に行ったんですが、その時に出合った子供たちが傑作でした。なんてったって、大通りのちょっと脇で、お尻を出してうんこをしながら釘を打ってるんですよ(大笑)。何をどう考えたらそんな発想になるのか、思い出しただけでも笑けてきます。あのエネルギーには叶わないなぁとつくづく思いました。」
*子供の頃の夢は・・・
「タダで電車に乗れるから車掌さんになりたいとか、かっこいいから運動選手になりたいとか、いろいろありましたよ。とくに男ってのは、この“かっこいいから○○になりたい”っていうのがありますからね(笑)。でもね、そうやって夢を見るのは、とても良いことだと思うんです。いくら動機が不純でも、何かを志す気持ちは今の子達にも持っててほしいなぁ。」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る