フランス料理シェフ・三國清三さんへのインタビュー#3:スクスクのっぽくん
TOPページ » プロフェッショナルに聞く!生きる力の育て方! » フランス料理シェフ 三國清三さん » 「世界のミクニ」に聞く~朝ごはんを毎日食べれば、元気な子に育つ!~

プロに聞く! 三國清三プロフィール

1954年 北海道に生まれる 1969年 15歳で料理人を志し、札幌グランドホテルにて修業を始める。その後、帝国ホテルに移り、修業を続ける。 1974年 20歳でスイスの軍縮会議日本政府代表部大使付きの料理長に就任。ローザンヌの「ジラルデ」、ロアンヌの「トロワグロ」など、スイス、フランスなどの三ツ星レストランで修業を重ねる。 四ッ谷に「オテル・ドゥ・ミクニ」を開店。 ルレ・エ・シャトー協会の世界5大陸トップシェフに選ばれる。 九州・沖縄サミット福岡蔵相会合の総料理長を務める。 またこの頃から、味覚を通して子供の感性を育てる「KIDSシェフ教室」を開催。以降、食育の普及に力を注ぐ。

元気な子供

ではズバリお伺いしますが、三國さんが考える“元気な子供”とはどのような子でしょうか?

三國清三

「元気だなぁと思う子はたいてい朝ごはんをしっかり食べているんですよね。朝きちんと食べたら全身がエネルギーでいっぱいになり、午前中の授業もしっかり頭に入りますし、休み時間も外に出て思いっきり遊べちゃう。それともっと理想を言うと、ごはんの時間に家族みんなが揃っていればもっといいな。ごはんにお味噌汁にちょっとしたおかずっていうシンプルなメニューでも、皆で食べれば賑やかな食卓になって、食事も楽しみになります。そうしたらもうしめたもので、今まで食べるのが苦手だった子も、不思議としっかりと食べるようになってきますよ」

やはり元気のもとは“ごはん”なんですね。

三國清三

「そうそう、朝も昼も夜も3食きちんと食べれば元気ハツラツです。ちょっと子供の話とそれてしまうんですが、現代人の食事回数ってだいたい朝ごはん、昼ごはん、おやつ、夜ごはん、夜食の計5回なんですよ。でもね、この回数を減らして1回の食事にお金も時間もかければ、もっといいものが食べられるし、体への負担も減ります。だからみなさんには間食や夜食をちょっと我慢して、一食を大切にしてほしいなって思うんです。でも、やっぱり安くて早い方を選んでしまうのが現実。もちろん僕もそういう時があります(笑)。ですから日常できる範囲で、無理なく実践するのがポイントです。今日は手軽なごはんで済ませちゃったから、明日のお休みはゆっくり料理しよう。そんな感じで0回だった手作り料理の回数を1回でも増やせばいい。親御さんたちがそうやって変わっていけば、子供の食に対する姿勢にも変化があらわれてくるでしょう」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る