彩愛玲さんの幼少期:スクスクのっぽくん

プロに聞く! 彩愛玲プロフィール

1979年7月18日生まれ。A型かに座。身長158cm。 東京都出身。 2002年国立音楽大学卒業。 2004年東京芸術大学別科修了。 大学在学中よりコンピュータ音楽に積極的に参加。国際コンピューター音楽会議、2002年スウェーデンでの国際コンピューター音楽会議に、さらに2004年6月には、ニューヨーク州立大学バッファロー校で行われた現代音楽フェスティバル「June in Buffalo」にソリストとして出演。同年発刊の「Computer Music Journal」(マサチューセッツ工科大学発刊)付録DVDには演奏が収録されている。 一方、クラシック音楽では、気軽に楽しめるコンサートをモットーにお話を交えながら演奏するスタイルで聴き手との距離の近いコンサートを行っている。昨年7月より「ハープの小部屋」開催。篠崎史子氏に師事。 2007年10月24日にキングレコードよりアルバム「花一輪~彩愛玲ハープの世界~」発売。 現在、テレビCM、ラジオ出演などでも活躍中。 父・隆一さん 170cm 母・純子さん 157cm

中学1年のときに、グンと伸びる時期を迎えて細身に

現在、身長は158cm。

小さな頃はいつも真ん中くらいの身長。今よりずっとぽっちゃりしていた。

「幼稚園の頃は、小さくて少しぽっちゃりしていて、ベリーショートで、色が黒くて。お兄ちゃんと同じ格好をしたくて、いつも男の子のような感じだったので、活発そうに見えるんですが、実は内気な子供でした」

スラリとした今の愛玲さんからは想像し難いが、中学1年のときに、グンと伸びる時期を迎えて細身になったという。成長期を支えた生活は、どのような状況だったのだろう。

「夜は7時半に寝て、朝は5時くらいに起きていましたので、TVが始まるときに流れる『ハト』の映像を一人で見ていました。(笑)とにかく、すごくよく寝る子でした。食事も、嫌いなものはありませんので、何でもよく食べていました。豚肉とゆで玉子に、八角を入れて醤油で煮込む料理があるんですが、これは彩家に伝わる伝統の台湾料理で、すごく大好きでした。
学校から帰ってくると、よく母と一緒にお菓子をつくったのですが、パンケーキやクッキーをつくるのがすごく楽しかったですね。料理も、よく手伝いをさせてくれたので、母が仕事を始めたときには、代わりにつくってあげたいと思ってやっていました」

睡眠に栄養、それに両親とのコミュニケーションを通じて愛情も、十分に受けて育ったようだ。

しかし、大の苦手だった運動はどのようにしていたのだろう。

「小学校の体育で、走ったりしますが、本当にどうやって走っていいのかわからないくらい、運動が苦手でした。水辺が好きだったので、水泳だけはやっていたんですが、背泳ぎをやりすぎて、のぼせて鼻血を出したりしていたので、ハード過ぎて小3で辞めてしまいました。(笑)
私は、音小(国立音大付属小学校)に通っていたのですが、当時は『体験学習』を重視する方針で、夏は海に行ったり、冬はスキーに行ったりさせてもらったので、運動嫌いな私でも自然と楽しんで体を動かすことができました」

運動は苦手だった愛玲さんだが、学校での環境にも恵まれ、みんなで楽しく、自然と体を動かす習慣が身についたようだ。

次に、その小学校時代から親しんだ音楽について、そしてピアノからハープへ転向する経緯について、ご紹介しよう。

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る