彩愛玲さんが音楽をはじめたきっかけ:スクスクのっぽくん

プロに聞く! 彩愛玲プロフィール

1979年7月18日生まれ。A型かに座。身長158cm。 東京都出身。 2002年国立音楽大学卒業。 2004年東京芸術大学別科修了。 大学在学中よりコンピュータ音楽に積極的に参加。国際コンピューター音楽会議、2002年スウェーデンでの国際コンピューター音楽会議に、さらに2004年6月には、ニューヨーク州立大学バッファロー校で行われた現代音楽フェスティバル「June in Buffalo」にソリストとして出演。同年発刊の「Computer Music Journal」(マサチューセッツ工科大学発刊)付録DVDには演奏が収録されている。 一方、クラシック音楽では、気軽に楽しめるコンサートをモットーにお話を交えながら演奏するスタイルで聴き手との距離の近いコンサートを行っている。昨年7月より「ハープの小部屋」開催。篠崎史子氏に師事。 2007年10月24日にキングレコードよりアルバム「花一輪~彩愛玲ハープの世界~」発売。 現在、テレビCM、ラジオ出演などでも活躍中。 父・隆一さん 170cm 母・純子さん 157cm

「まぁ、いいか」の精神

彩愛玲さんは、東京・国立市で、4歳上の兄とともに育った。

「兄は、小さい頃から野球ばかりやっていて、運動が大好きだったのですが、私は、小さい頃から、動くのが大嫌いでした」

こう話す愛玲さんは、幼稚園のころから喘息をわずらっており、少し走るだけでも苦しい思いをしていたそうだ。

母・純子さんは、その当時のことを話してくれた。

「あまり、子供のことで苦労したと思ったことはありませんが、愛玲は、喘息が起こって夜中の2時か3時くらいに病院に連れていくこともよくありましたし、入院も2回ありました。でも、気分的に、できるだけ深刻にならないように、励ますようにしていました。治るまでには、時間もかかるし、「まぁ、いいか」の精神ですね」

父・隆一さんも、こう続ける。

「うちは、何かあると「まぁ、いいか」って言ってましたからね。(笑)愛玲は、体が強いほうではなかったですが、家族で出かけるのは大好きで、土日はほとんど兄の野球を見に、みんなでグラウンドまで行っていました。愛玲は、よく木の上で見ていましたが、いつも、青空の下で楽しかった。アメリカの子供たちと試合をしたりね」

ご両親のお話を伺っていると、愛玲さんが家族からの愛をいっぱいに受けて育ったことがよくわかる。

幼稚園のみんなが入る体操クラブにも、唯一入らなかったくらい運動が苦手だった愛玲さんは、自然と音楽に惹かれていったという。

「うちは、台湾人の祖父が声楽家で、祖母がその伴奏をするピアニストだったんです。二人とも、すごく音楽を愛していて、それが私の日常にあった。幼稚園の頃には、私もピアノが大好きになって、両親にお願いしておもちゃのピアノを買ってもらったのが、音楽をはじめたきっかけです。今はずいぶん変わったと思いますが、小さい頃は人と話すのも苦手で、一人の世界が好きだったので、言葉がなくてもコミュニケーションがとれるピアノが合っていたということもあると思います」

ライブでは、必ずメリハリの利いたトークで聴衆を和ませる愛玲さんが、人と話すのが苦手だったというのは意外だ。

一人で黙々とピアノに打ち込んだ幼少期、愛玲さんはどのように過ごしてきたのだろうか?

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る