駒田徳広さんに聞く「子供と一緒になって頭を下げられる親」:スクスクのっぽくん

プロに聞く! 駒田徳広プロフィール

1962年 奈良県に生まれる 1981年 読売ジャイアンツに入団 1994年 横浜ベイスターズへ移籍 2000年 2000本安打を達成 2000年 現役引退 2005年 東北楽天ゴールデンイーグルス打撃コーチ 現在 解説者などで活躍中。名球会会員。

親父が帰ってきて『謝りにいこう』って

駒田さんとお父さんとのエピソードから、今回の話を進めていこう。
いつも監督とケンカしていた」と言って、駒田さんは自身のヤンチャな中学時代を振り返る。

ある日、野球部でゴロを打つ練習をしていたときのことだ。
その練習で駒田さんは、ランニングホームランになるようなボールをかっ飛ばした。「普通に」ゴロを打つことを求めていた監督は駒田さんのプレーに激怒する。

すると駒田さんは、「フェンスを越えない打球は、すべてゴロだ」と言い放ってしまった。
当然のことながら監督はさらに怒って、「もうやめちまえー」と口にする。

そして、駒田さんは「じゃあ辞めます」との一言を残して、グラウンドを後にした。
駒田さんが家に帰って、しばらくすると……。

「親父が帰ってきて『謝りにいこう』って。うちの親父は、どっちが正しいかとか、そういうことは一切言わなかったですよ。
ただ、『野球を辞めたら暇になる。いまは腹がたっているのかもしれないけど、1週間もしたら野球をやりたくなってしょうがなくなるから、謝りにいこう』みたいなことを言われて。だから、一緒に謝りに行ったんです。『すいませんでした』って。それは良かったですよ」

駒田さんは、親になった今だからこそ思うことがある。

「『謝りにいこう』とか言っているとき、親父は嫌な気分だっただろうな、ってやっぱり思うじゃないですか。それを……僕が、それを感じ取れるように親父は育ててくれたのかなって思いがすごくあるわけですよ。
いま親として一つ言えるのは、そういうことを感じ取れる子供に育って欲しいな、ってことです。 僕だけじゃなくて、どのお父さん・お母さんもそう思うんじゃないですか? 人の痛みをわかる子というのは、人を殴って痛みがわかるとか、そういうことではない、と僕は思うんですよね。

いま、親が悲しんでいるのかな。オレがこんなことして、親が先生から呼び出されちゃったよ。親もがっかりしているだろうな、親も謝るのは嫌だろうな

ということを感じ取れる子に育つことが大切なんじゃないでしょうか。 そうすれば、絶対にそういうものを兼ね備えた大人になると思うんです」

最終回となる次回は、親としてどこまで干渉すべきで、どこから先は干渉してはいけないのか、ということから話を進めていこう。

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る