満塁男・駒田徳広さんへのインタビュー:スクスクのっぽくん

プロに聞く! 駒田徳広プロフィール

1962年 奈良県に生まれる 1981年 読売ジャイアンツに入団 1994年 横浜ベイスターズへ移籍 2000年 2000本安打を達成 2000年 現役引退 2005年 東北楽天ゴールデンイーグルス打撃コーチ 現在 解説者などで活躍中。名球会会員。

「向こうにあるものを見るために、我慢して、我慢して、やっていってもらいたい」(駒田徳広)

満塁男 駒田徳広 「満塁男」の異名をとりながら、通算で2006安打という偉業を成し遂げた選手。
在籍した巨人と横浜で日本一を経験して、TVなどの解説者としても活躍中の駒田徳広さん。
2児の父であり、指導者としても活躍された駒田さんの子供の成長論や子育て論など、興味深いお話を今回から8回にわたって紹介します。

プロの子供時代がまるわかり!のっぽくんの一問一答!

プロの子供時代がまるわかり!のっぽくんの一問一答!

*小さい頃からの英才教育は必要?
「小さい頃は、色んなスポーツをやらせてあげたほうがいいんです。子供が一つのスポーツを極めることよりも、ケガをしないことのほうが大切。親が判断を急がないことが大事です。」
*トップアスリートになるための条件は?
「『良い選手・ケガをしない選手はずっと寝てるよ。睡眠時間とケガのしにくさは比例する』って言われたんですよ。ケガや病気(をする確率)に関しては、よく寝てる子のほうが低いんじゃないかなって思いますね」
*ストレスとの上手いつきあい方は?
『積極的マイナス思考』です。最悪のことから考えていったら、それ以上悪いことはない。だから、チャンスのときにはまず最悪のことを考えて……。最悪の場合、三振して(チームも)負けちゃう。しょうがないだろう。勝負は時の運だよ、って思う。それぐらいの覚悟を決めてやったら、けっこう楽なもんなんですよ」
*子どもたちへのメッセージ
「多少は理不尽なことがあって、そこでギブアップしてしまったら、その先にあるものも見れない。そうしたら、一生、悔いを残すから。ちょっとだけ我慢して、向こうにあるものを見てみるんだよ。そこでまた、次のものが見える。そうしたらまた、楽しみが出てくるから。そこを我慢して……向こうにあるものを見るために、我慢して、我慢して、やっていってもらいたいなと思います」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る