登山家・大蔵喜福さんのに聞く、道を切り拓く秘訣:スクスクのっぽくん
TOPページ » プロフェッショナルに聞く!生きる力の育て方! » 登山家・大蔵喜福さん » 道を切り拓く秘訣 ~70歳までトップでいたい!~

プロに聞く! 大蔵喜福プロフィール

1951年 長野県飯田市に生まれる 1965年 本格的登山を始める 1971年 ヨーロッパアルプス初挑戦 1979年 世界初のヒマラヤ縦走登山 (ダウラギリV~III~II 峰7,000m峰3山縦走) チョモランマ北壁に2度挑戦。打ち立てた厳冬期最高到達地点記録(8,450m)は、いまだ破る者はない。 マッキンリー18回登頂や、カヌーでの瀬戸内海初横断などユニークな記録も持つ。多くの登山仲間を亡くした冬の北米大陸最高峰マッキンレーを調査するために気象観測装置を設置し毎年登頂。貴重なデータを集めた功績で秩父宮記念山岳賞を受賞。日本山岳会自然保護委員会やHAT-Jなどでも理事を務め、山における環境保護の問題にも取り組んでいる。

道を切り拓く秘訣 ~70歳までトップでいたい!~

のっぽくん
今後は、どのように活動をされていく予定なのですか?
大蔵さん

今は、1/3が子供のキャンプや野外活動、1/3が山登りのガイドやコーディネーター、1/3が山関係の雑誌広告の仕事といった割合で活動しています。

昨年は、海外で山に登ってる期間が半年くらいあったので、今年は子供たちを山に連れていって、きれいな自然をもっと見せてあげたいと思っています。

最近、千葉県の低い山にゆっくり登ったりしたのですが、緑って、こんなにいろんな色があるんだって改めて気付きました。とんがって登っているときには見えなかったものが見える。

こういう草があって、こういう岩があったんだって。
自然をゆっくり愛でることも必要ですね
のっぽくん
尊敬される方はいらっしゃいますか?
大蔵さん

特にはいませんが、登山ではパイオニアワークというか、最初に攀ろうと思った人はすごいなと思いますね。

今、私が山に登れる状況も、先人のそういう意志があって、何人もの犠牲の積み重ねの上にあります。

ただ、基本的には、自分は自分だという考えです。

自分が作った道は、誰かが後ろから来ます。
その礎になれれば良い。

偉そうに言うことは何もありませんが、今生きていることが、素晴らしい登山家と言えるかもしれません。
70歳までは、現役でいたいし、どこかの分野でトップでいたいですね

登山家・大蔵喜福
戸隠で行った高齢者登山の様子
のっぽくん
何もなかった道を切り拓くということは、本当にすごいことだと思いますが、何か秘訣はあるのですか?
大蔵さん

他人の評価を気にしないことです。

そのほうが楽でいいし、誰が自分のことをどう思おうが、死ぬわけではないですし。

あとは、失敗を恐れずにやること!

トライ&エラーを積み重ねていくと、失敗しなくなります。

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る