陸上界のプリンセス・池田久美子さんへのインタビュー:スクスクのっぽくん
TOPページ » プロフェッショナルに聞く!生きる力の育て方! » 陸上界のプリンセス 池田久美子さん

プロに聞く! 池田久美子プロフィール

1981年 山形県生まれ 1993年 酒田第三中学校に入学。 中学1年生から全日本中学選手権の走り幅跳びで3連覇を果たす。 1996年 日本大学山形高校に入学。そのご仙台育英高校に転校。 1999年 福島大学に入学。 2001年 世界ジュニア選手権の走り幅跳びで第3位に輝く。 2003年 スズキ株式会社に入社。陸上競技部に所属する。 2006年 国際グランプリ陸上大阪大会2006で6m86cmという日本記録を樹立。 2008年の夏に開かれる北京オリンピックでの活躍が期待されている。

「あきらめたら負けなので、苦しみながら、いろんな人に助けてもらって、自分の目標を高く保って、最後までやり遂げて欲しい」(池田久美子)

日本の女子の陸上界を一手に背負って立つほどの注目を集める選手がいる。池田久美子さんだ。最近はしばしば、彼女にまつわる情報を様々なメディアを通じて目にしたり、耳にしたりする。
彼女は、どのような環境で育ち、どのように生きる力を育んできたのだろうか。
その成長の秘密を伺った。

プロの子供時代がまるわかり!のっぽくんの一問一答!

プロの子供時代がまるわかり!のっぽくんの一問一答!

*お父さんの指導方法は…
「『お前は天才だー』くらいの感じですごく褒めてくれて。褒めて、褒めて、私を調子づけていましたね。」
*お母さんの存在は…
「悩んでいるときにも、『そんなの気にしちゃだめよ』と言って、肩の力を抜いてくれました。長い競技人生の中で、お父さんの指導に息がつまりそうなることもありましたが、そんなときにお母さんの存在が大きかったですね。」
*牛乳が大好きだった…
「給食で出される牛乳も2本とか飲んでいましたね。女の子の中では牛乳嫌いな子が多くて、それが回ってきて、1回の給食で5本飲んだこともあります(笑)」
*子どもたちに伝えたいことは…
「あきらめたら負けなので、苦しみながら、いろんな人に助けてもらって、自分の目標を高く保って、最後までやり遂げて欲しいですね。そこにたどり着けたら何かが見えるはずです。何が見えるのかはその人にしかわからないですけど、一つのことを突き通していく強さを持ってほしいな、と思っています」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る