塚原直也さんの小学生時代:スクスクのっぽくん

プロに聞く! 塚原直也プロフィール

1977年生まれ。メキシコ・ミュンヘン・モントリオールの3つの大会の体操競技で計5つの金メダルを獲得した光男さんを父に、メキシコオリンピックで女子の体操競技日本代表選手であった千恵子さんを母に持つ。 小学5年生の時に本格的に体操を始め、高校2年生からインターハイで2連覇を達成。

体操を本格的に始めたのは小学5年生のとき

これはエリートの作り方の話ではない。まして、0歳からの英才教育をうながす話でもない。

初めて経験したスポーツにのめり込んで、そのまま、そのスポーツの第一人者になる人は多い。また、金メダリストの父親とオリンピック代表の選手だった母親がいれば、物心のつく前から超英才教育を受けていたとしても不思議ではないだろう。しかし、直也さんは違う。

体操をすることを息子に無理強いしたくない、とご両親は考えていたようだ。ご両親は様々な選択肢を用意して、その中から直也さんに何か好きなものを見つけて欲しいと考えていた。

ご両親が体操クラブで指導していたこともあって、そのクラブで体操を通じて体を「動かす」こともあったが、クラブに通っている他の子たちと同じように「習っていた」だけだった。

また、サッカークラブでサッカーをしたり、お父さんがゴルフの打ちっぱなしに行くところについていって、ゴルフクラブを振ったりしていた。体操のことばかりを考えているような少年ではなかったのだ。

直也さんが本格的に体操を始めたのは小学5年生のときだった。ちょうどその時期に新しく体操クラブにやって来た中国人のコーチがいた。呉傑(ウージェー)さんだ。中国は体操競技のレベルの高い国なのだが、呉コーチはかつて中国の体操オリンピック代表チームで補欠に選ばれるほどの実力者だった。

直也さん自身はその出会いを「本当に偶然」だったと語る。頼りがいのあるコーチの下で直也さんは体操選手としての歩みを始めていくことになる。

しかし、その指導は厳しいものだった。

直也さんと同じように呉コーチの指導を受けている人たちは次々とやめていったという。 果たして、それはどのような練習だったのだろうか。そして、直也さんはその指導の下でどのように成長していったのだろうか。

塚原直也さん

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る