アテネ五輪・金メダリスト 塚原直也さんへのインタビュー:スクスクのっぽくん
TOPページ » プロフェッショナルに聞く!生きる力の育て方! » アテネ五輪・金メダリスト 塚原直也さん

プロに聞く! 塚原直也プロフィール

1977年生まれ。メキシコ・ミュンヘン・モントリオールの3つの大会の体操競技で計5つの金メダルを獲得した光男さんを父に、メキシコオリンピックで女子の体操競技日本代表選手であった千恵子さんを母に持つ。 小学5年生の時に本格的に体操を始め、高校2年生からインターハイで2連覇を達成。

「単純に目標を高く……例えば、体操の試合だったら優勝を目標にして、その後の細かい目標を次々と自分で作っていければいいと思います」(塚原直也)

かつては日本のお家芸と呼ばれた体操競技だが、近年のオリンピックでは低迷が続いていた。それだけに、アテネオリンピックの男子団体総合で金メダルをとった際には、世間の大きな注目を集めた。そのメンバーに名を連ねるのが塚原直也さんである。そして、かつての体操競技で世界に名をとどろかせていたのが直也さんの父である光男さんだ。

偉大な父を持った直也さんは、どのような恩恵を受け、逆にどのような苦労をしてきたのだろうか。「考えすぎるタイプ」だと言って自分を振り返る塚原直也さんの話は興味深いものだった。オリンピックで金メダルをとるほどの選手なのに、自分は選手というよりもコーチに向いている、と思っているのだ。今回は、そのようにスポーツについて深く考えている塚原直也さんが、どのように育ち、どのように生きる力を育んできたのか、お話をうかがった。

プロの子供時代がまるわかり!のっぽくんの一問一答!

プロの子供時代がまるわかり!のっぽくんの一問一答!

*体操を始めたきっかけはご両親?
「体操をすることを息子に無理強いしたくない、と両親は考えていたようです。両親は様々な選択肢を用意して、その中から自分に何か好きなものを見つけて欲しいと考えていたと思います。」
*基礎的な体力を身につけるために必要な運動は…
「『走る』ことだと思うんですよね。体操の場合でも、逆立ちとか、そういうものも大事ですけど、走ることが一番の基本ですかね。これは、最近になって感じたことなんです」
*意識して摂っていたものは…
「筋肉になるたんぱく質ですかね。良質のたんぱく質……肉類などですかね」
*今後の目標は…
「大きな目標としては、体操を出来るだけ続けて、得るものが少しでもあって、自分が人格的にも成長できたらいいな、って思っています。」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る