バルセロナ五輪・金メダリスト 岩崎恭子さんへのインタビュー:スクスクのっぽくん
TOPページ » プロフェッショナルに聞く!生きる力の育て方! » オリンピック金メダリスト・岩崎恭子さん

プロに聞く! 岩崎恭子プロフィール

1978年 静岡県沼津市に生まれる 1983年 水泳を始める 1992年 バルセロナオリンピック200m平泳ぎで活躍 1996年 アトランタオリンピック出場 1998年 競技生活を引退 2004年 アテネオリンピック デュエット・チーム銀メダル その後は、水泳の指導について学ぶためにアメリカへ留学。帰国後は水泳の指導などに励むかたわら、TV等でコメンテーターとしても活躍。日本オリンピック委員会 環境アンバサダー、日本水泳連盟競泳委員会委員。

「水泳に限らず、スポーツというものを広めていきたいな、と思いますね」(岩崎恭子)

「岩崎恭子」という名前を日本中が知ることになったあの日から、もう15年が過ぎた。
バルセロナでは14歳と6日という若さで金メダルを手にし、4年後のアトランタオリンピックにも出場することが出来たのは、本人がどのような努力をし、ご両親にどのように育てられてきたからなのか?
その成長の秘訣を、本人にうかがった。

プロの子供時代がまるわかり!のっぽくんの一問一答!

プロの子供時代がまるわかり!のっぽくんの一問一答!

*ご両親のしつけは…
“すごく厳しかった”です。お箸の持ち方からそうですし、靴はそろえてないと怒られますし。新聞が床においてあって、それをちょっと踏んだだけで怒られましたね」
*トレーニングで重要なことは…
「それぞれの良さを見つけてあげること。“個性を大切にしたい”なと思いますし、型にはまらない、ということがすごく大切だと思います」
*水泳を通して学んだことは…
「みんな出来ること、出来ないことがあると思うんですよ。私だって水泳は出来ますけど、出来ないこともたくさんあるので。そういう、人のことを“認めてあげたり、ほめてあげたりすることが大切”だと思います。」
*スポーツの意義とは…
「スポーツをしているときって、嫌なことを忘れられたりとか・・・“リフレッシュ”になったりすると思うんですよ。だから、体を動かすことはすごく大切だと思うんです」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る