天才セッター・中田久美さんへのインタビュー:スクスクのっぽくん

プロに聞く! 中田久美

1965年 東京都生まれ 1979年 全日本女子バレー元監督の山田重雄氏が開設した「山田バレー塾」に合格 1980年 全日本選抜デビュー 1984年 ロサンゼルスオリンピック出場 銅メダルを獲得 1988年 ソウルオリンピック出場 第4位 1992年 バルセロナオリンピック出場 第5位 1992年 11月現役引退 その後、後輩の指導や講演など、様々な分野で活躍中!

「小さい頃にバランスの取れた食生活をすることが、アスリートにとって非常に重要だと思います。」(中田久美)

現在はバレーボールの解説者としてもおなじみの中田久美さん。現役時代は“天才セッター”と呼ばれ、3度のオリンピックに出場し、日本のバレーボール界を引っ張ってきた中田さん。子供時代どのような環境で育ってきたのか。彼女はどのようにしてバレーボールと出会い、どのように成長してきたのだろうか。“天才”と呼ばれた彼女の成長の原点を探るためお話を伺った。

プロの子供時代がまるわかり!のっぽくんの一問一答!

プロの子供時代がまるわかり!のっぽくんの一問一答!

*子供のころによく食べていた食べ物は…
“お鍋”などが多かったです。お肉も野菜もしっかり食べられバランスは良かったと思います。」食事はしっかり食べ、それ以外の間食はなかったという中田さん。好き嫌いもあまりなかったようだ。
*どのような子供でしたか…
「小学生の頃の自分を一言で表現すると“活発”でした。学校から帰って、かばんを置いてすぐに遊びに行くという感じでした。」小学生の頃は夕飯の時間まで帰らなかったという。
*バレーを始めたきっかけは…
中学一年生の時に、バレー部に入ったのがきっかけだという。「当時流行っていた“アタックNo.1”の鮎原こずえを目指そうと思っちゃったんですよ。」
*上達に欠かせないものとは…
「重要だと思うことは、“自分で考えながら練習すること”。言われたことを実行するのも大切ですが、それだけでは不測の事態に対応できないんですよ。」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る