バルセロナ五輪・銀メダリスト 有森裕子の父・茂夫さん 母・広子さんへのインタビュー:スクスクのっぽくん
TOPページ » プロフェッショナルに聞く!生きる力の育て方! » バルセロナ五輪・銀メダリスト 有森裕子の父・茂夫さん 母・広子さん

プロに聞く! 有森裕子プロフィール

1966年 岡山県生まれ 1988年 日本体育大学を卒業後、(株)リクルートに入社 1992年 バルセロナ五輪で銀メダル 1996年 アトランタ五輪で銅メダル 1998年 NPO「ハート・オブ・ゴールド」設立 2002年 アスリートのマネジメント会社「ライツ」設立 現在、国連人口基金親善大使、日本陸連女性委員会特別委員などを務め、国際活動にも積極的に参加している その後、後輩の指導や講演など、様々な分野で活躍中!

スポーツ一家の原点“誉めて伸ばす”

有森裕子の名前を、聞いたことがない人はいないだろう。
いわずと知れた、日本のマラソン界の第一人者。名匠・小出監督のもと、バルセロナ五輪に出場し、 エゴロワとの壮絶な死闘の末、日本女子マラソン初の銀メダルを獲得。

プロの子供時代がまるわかり!のっぽくんの一問一答!

プロの子供時代がまるわかり!のっぽくんの一問一答!

*母親の仕事とは…
「子どもに振り回されず、自分の時間をつくる。しっかり栄養を取り、“安定した生活”を送ることが、有森家の母親の仕事。」(広子さん)
*父親の役割とは…
「子供に接する時間が絶対的に少ない父親は、基本的には、母親の味方に徹することが大事だと思います。母親は、常に子供と接していても、不安に陥ることがあります。その不安は、子供にすぐに伝わりますから、父親は、“母親を支え追認すること”です。」(茂夫さん)
*子育ての秘訣は…
“何でも包み隠さず話すこと”。自分たちが子供だったことや、失敗した話などをしながら接すると、子供は目を輝かせて聞くんです。一人の人間として接するということを考えていました。」(広子さん)
*有森家の食育とは…
「食生活は人格を造ると信じていましたから、食事は必ず一緒にとる。いいものを食べるのではなく、“一緒に食べること”で、共に生きていくことを、知らず知らずのうちに子供に教えることができると考えました。」(広子さん)

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る