五輪・金メダリスト森末慎二さんへのインタビューvol.4:スクスクのっぽくん

プロに聞く! 森末慎二プロフィール

1957年 岡山県に生まれる 1984年 ロス五倫体操、鉄棒で金、跳馬で銀、団体で銅メダルを獲得。 体操選手として活躍し、引退後はニュース番組のスポーツキャスターやバラエティ番組、情報番組に多数出演。ゴルフのシニアプロを目指したり、落語の道を精進したり、体操マンガの原作を手がけたりと、幅広く活躍。 今年からは、九州共立大学の客員教授に就任した。

ポジティブな発想は、子供の時から持っていたかもしれません

森末さんといえば、学生時代に、大学3年で左足のアキレス腱、大学4年で今度は右足のアキレス腱を切っている。それほどの大きなケガをしているのに、常に前向きでいられたのはなぜだろうか。

「ケガには苦労しましたが「そんなもの、しょうがない」という発想でしたから。タイムマシーンがあって、ケガする前に戻れたらいいですよ。でも、そんなことは不可能なのだから、どうこう考えてもしょうがないわけです。
それでも、大学4年のときに、アキレス腱を切ったときは、さすがにショックでしたね。前の年に、右足を切って、それが治ったときでしたから、神様が、「おまえは体操をやめろ」と言われているような気分でした。
そんなときに、体操部の恩師に、『よかったな。これで両足一緒になったな』と、言われて・・・・・・。
最初は「はあ?」という感じでしたが、その一言がきっかけで「左右のアキレス腱を切っているわけだから、またリハビリすれば、元に戻れる」と、ポジティブに考えられるようになったのです。恩師独特の励まし方がなければ、体操も辞めていたでしょうね」

その恩師の言葉は、すごいポジティブであったが、それを受け入れる森末さんの心もポジティブであった。その言葉とそれを受け入れる心がなければ、五輪の金メダルもなかったかもしれない。

「結果的に、ケガをしたことに対しては、クヨクヨ悩んでもしょうがない。痛いものを『痛い、痛い』と言っていても、治ることはないのと一緒です。
次をどう考えようか、前を向いていないと、何事も、きついですよね。
高校時代の体操部の練習で、しごかれているときなど、つらいわけですよ。もう逃げ出したくなる。実際に、そこから逃げて次の日にこない人もたくさんいたくらい。でも、僕は、目茶苦茶にしごかれているときに、終わったあとの風呂のことや疲れてグターっと布団で寝ていることしか考えていませんでした。
『この練習も一生、続くわけではない。3時間くらいすると、お風呂に入れるな]』と、それだけを考えていた。そんなポジティブ的な発想は、子供の時から持っていたかもしれませんね」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る