ライフセイバー・遊佐雅美の母へのインタビュー:スクスクのっぽくん
TOPページ » プロフェッショナルに聞く!生きる力の育て方! » ライフセーバー 遊佐雅美の母・とき子さん

プロに聞く! 遊佐雅美プロフィール

1973年 神奈川県生まれ。中学、高校と陸上競技部に所属 東京健康科学専門学校でライフセーバーの道に 1993年 ジャパンサーフカーニバル、ビーチフラッグスで優勝 以来、13連覇中。国内では無敵 海外では94、96、00年の世界選手権(2年に一度開催)で3度の優勝 またライフセービングの本場でレベルの高い96年全豪選手権でも優勝 現在、西浜ライフセービングクラブに所属し、毎夏、ライフセーバーとしてビーチの監視、指導をしている 身長156cm、体重50kg 著書に『遊佐雅美のスイミング・マスター』(日本文芸社) 06年2月、オーストラリアで行われる『Rescue06世界選手権』では、前人未到の4度目の優勝を目指す *ビーチフラッグスとは? 海での人命救助に必要な技術を、より高めていこうと開催されているのがライフセービング競技会。ビーチフラッグスは21競技ある公式種目のなかでもとくに人気の高い競技。後ろ向きにうつ伏せになった選手が、20m離れた地点にあるホースチューブ(競技者より少ない本数)を取り合う。いち早く溺れた人にたどり着けるかを競う目的ではじめられた。

「真面目で、好奇心も旺盛で、いろんなものを吸収する力はありました。」(遊佐雅美の母・とき子さん)

ライフセイバー遊佐雅美の母 ほとんど泳ぐことができなかった少女が、あることがきっかけで、ライフセービングの世界に。
そこで出会ったビーチフラッグスという競技に出会い、あっという間に、世界チャンピオンにまで登りつめた。
そして10年以上にわたり、世界トップクラスに君臨──。
世界的なアスリートでもある彼女だが、ライフセイバーの精神「海の安全のため──」を忘れていない。
そんな彼女を支えているのは人一倍の “負けず嫌い”と、さらには夢を支えたお母さんの存在。
そんな遊佐雅美さんの少女時代から、現在までを、母親のトキ子さんに聞いてみた。

プロの子供時代がまるわかり!のっぽくんの一問一答!

プロの子供時代がまるわかり!のっぽくんの一問一答!

*食事の量は?…
「よく食べましたね。偏食もなく、なんでも食べましたね。食事でも、負けず嫌い。お兄ちゃんの方が男のだから、オカズでも少し大きめの物をあげるじゃないですか。そうすると、ササッと、自分のと取り替えてしまう。」
*子供の頃の性格は?…
とにかく負けず嫌い。兄が水泳といえば水泳、ソロバンといえばソロバンをやらないと気が済まない、といった感じでした。」
*運動は得意だった?…
「小さいときから運動神経は抜群でしたね。雅美には3歳上の兄がいるのですが、その兄といつも張り合っていました。」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る