海洋冒険家・白石康次郎さんへのインタビュー:スクスクのっぽくん

プロに聞く! 白石康次郎プロフィール

1967年 東京生まれ、鎌倉育ち 横浜国立大学教育学部附属鎌倉小・中学校卒業後、船乗りを目指し、神奈川県立三崎高等学校専攻科へ。高校卒業後、単独世界一周レース優勝者の多田雄幸氏に弟子入り。多田氏のもとで、ヨットの建造を学びながら、レースのサポートを続けた。 1993年 世界最年少単独無寄港世界一周を達成 1995年 走行距離500km以上を人力のみで走破するアドベンチャーレース「エコ・チャレンジ」に出場 2003年 「アラウンド・アローン」クラスⅡで4位 2004年10月に行われる「5-OCEANS」に出場予定 その後は、水泳の指導について学ぶためにアメリカへ留学。帰国後は水泳の指導などに励むかたわら、TV等でコメンテーターとしても活躍。日本オリンピック委員会 環境アンバサダー、日本水泳連盟競泳委員会委員

「理屈ではないのです。ただ、心の声に素直でありたいと思っているのです。」(白石康次郎)

幼い頃、広い海を見ながら、こんなことを思いませんでしたか?
「海をどんどん進めば、どこに行くんだろう」「船で世界一周したいな」そして空想の旅に出たものです。
どこまでも続く青い絨毯、大海原に沈む夕日、満点の星空。
ときには荒波を乗り越え、海賊と戦い、巨大生物が・・・・・・。
そんなことを考えながら、ワクワクしたことがありませんか?
しかし、誰しもが、成長するとともに、そんな夢を描いたことさえ忘れてしまいます。
鎌倉の海を見ながら育った白石少年も、みなさんと同じように夢見ていました。ただ違うのは、その夢に、まっすぐ突き進んだのです。そして、今でも──。
26歳でヨットによる世界最年少単独無寄港世界一周を達成。そして03年には、8ヶ月かけて世界一周する過酷なヨットレース「アラウンド・アローン」で完走。
飽くなき挑戦を続ける海洋冒険家の原動力は、少年時代から変わりません。心の声に耳を傾け、それに真っ直ぐに進み続けてきたのだそうです。

プロの子供時代がまるわかり!のっぽくんの一問一答!

プロの子供時代がまるわかり!のっぽくんの一問一答!

*お父さんの子育ては…
「僕はオモチャを買ってもらえなかったことを強く覚えています。買ってくれるとしたらプラモデルや模型など。完成されたオモチャよりも、一から作っていく。きちんと作らないと完成しない、そのことを教えたかったのでしょう。」
*旺盛な好奇心とは…
「空も、宇宙も大好きだし。とくに海は間近だったから、いつも見ていて「この海を、越えてみたいな」と普通に思っていました。「この海を渡ると、アメリカがあるんだ」とか「真っすぐ行くと、世界一周できるんだ」と。」
*夢を条件であきらめない考えとは…
「今の子供たちと違うのは、条件で夢を決めないことです。これだと思ったら条件も何もない。それは人を好きになるのと一緒で、本心から思うわけですよね。そこからどうするか、なのです。人に恋すると、普段は出ないようなエネルギーが出るのと一緒でしょう。」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る