日経新聞がすくトレに取材!:身長を伸ばそう!スクスクのっぽくん通信簿
 >   >  日経新聞がすくトレに取材!

スクスクのっぽくん通信簿

お子様の成長に関わる情報を「スクスクのっぽくん通信簿」として、メールマガジンにて配信しております。
このホームページ上でも毎週最新のメルマガとバックナンバーをご覧頂けます。

【スクスクのっぽくん通信簿】vol.349/現在の読者数12,545人
スクスクのっぽくん通信簿
1時間目
担任のつぶやき
日経新聞がすくトレに取材!
2時間目
お子様の成長に役立つ!
「のっぽくんQ&A」
夫婦喧嘩は、子供の成長を妨げる?
2.5時間目
すくトレワンポイントレッスン
vol.53『体幹の対角ラインでパワーを発揮!【ダイアゴナル・クランチ】』
3時間目
プロフェッショナルに聞く!
“生きる力”の育て方
サッカー日本女子代表・宮間あや選手:第二回
子供時代の食事
「日経新聞がすくトレに取材!」 ゲストさん、こんにちは!
スクスクのっぽくんです。

先日、「すくすくトレーニング」について一本のお問い合わせのお電話を頂きました。

日本経済新聞の記者の方からのお問い合わせでした。
頂いたお電話の内容は、いつもの様に「昨今、子供達の姿勢が悪くなっていると言われていますが、それについて話を聞かせてもらえませんか」と言うお話でした。
いろいろお話させていただき、結局「すくトレ」を取材していただけることになりました。
明日5月31日の日本経済新聞夕刊に掲載される予定です。
是非、ご覧下さい。

今年に入り約半年が経ちますが、「すくすくトレーニング」に関するお問い合わせが増えています。もちろん、お父様やお母様からのお問い合わせも増えつつありますが、マスコミ関係や学校関係などの方からお問い合わせも、これまでに比べると格段に増えています。

http://www.suku-training.jp/media/

やはり、ご家庭でも学校でも姿勢の気になる子供達が増えたということでしょうか?

しかし、私達の子供の頃も思い返してみると、「ちゃんと座って食べなさい」と食事中に言われたり、「そんなに顔を近づると目が悪くなるよ」と勉強中に言われたり、「座ってテレビをみなさい」と言われたりと、少なからず姿勢に関して注意されていたはずです。

もちろん、遊び場の減少や、TVゲームの普及などの環境の変化によって、子供達の姿勢への悪影響は出ていると思いますが、すくすくトレーニングがこれまで一貫して“子供達の姿勢”をテーマに「体幹トレーニング」を大切な柱として活動してきたことが、少しずつ認められてきているのかなとも感じています。

今回の取材を終えて、改めて“姿勢“や“体幹”の重要性を再認識するとともに、小さなことの積み重ねが、本当に重要なことだと実感しました。

【スクスクのっぽくん通信簿】をご覧のお父様やお母様は、きっとご自身の姿勢・お子様の姿勢や成長にご関心がおありだと思います。

「すくトレ」では、もっと気軽にすくトレを体感していただけるように、HPにてオンラインレッスンや、すくトレDVDを用意しておりますので、毎日5分・1エクササイズからでも、姿勢改善のはじめの一歩を踏み出すつもりで、お子様とご一緒に始めてみてはいかがでしょうか?

「継続は、力なり」・・・デス。

『すくトレonDVD』好評販売中!
『姿勢力』を高めて健やかな成長を促し、『バランス力』を養うすくすくトレーニングが『DVD』に!
詳しくはすくトレのHPから!是非ご覧ください!

スクスクのっぽくん 担任より
「夫婦喧嘩は、子供の成長を妨げる?」 いつも夫婦喧嘩をしていると、子どもは情緒不安定になり、成長ホルモンの分泌が悪くなります。

また、両親が争っている姿を見ていると、子どもは身の危険を感じ、本能的に早く大人になろうとします。

早く大人になると、早く骨が固まってしまい、身長は伸びなくなるといわれています。

精神的に安定した状態であることが、子供が成長するための大きな条件でもありますので、子供の前での夫婦喧嘩は、なるべく避けるようにして下さい。

その前に、自分自身を省みて、お互いを思いやれるようになれれば理想的ですね!

vol.53『体幹の対角ラインでパワーを発揮!【ダイアゴナル・クランチ】』 前回をさらにパワーアップさせたエクササイズですので、ちょっとキツイかもしれませんが、体幹には効きます!

脇腹から内モモにかけての筋肉の連動を高めるので、特にキックなどの動作を強くしてくれます。

格闘技や、サッカーをしている子供にはおススメですよ!

それでは、今週も張り切っていってみましょう!

では、今回も張り切ってまいりましょう!!

サッカー日本女子代表として活躍する宮間あやさん。テクニックが優れていることから“女性版・中村俊輔”と言われ、現在はアメリカ女子プロリーグのセントルイス・アスレティカでプレーしています。女子サッカー選手として世界で戦い続ける宮間さんに、子供時代の教育や食事、プロになるまでの道のりを聞きました。

宮間あやさんプロフィール
1985年1月28日、千葉県大網白里町出身。小学校1年生のとき、父が作ったチームでサッカーを始める。中学・高校時代は片道3時間半かけて名門、日テレ・ベレーザの練習に通って、MFとしてのテクニックを磨いた。高校卒業後、岡山湯郷ベレに入団。2008年、北京五輪にサッカー日本女子代表の中心選手として出場し、ベスト4に貢献した。2009年にアメリカ女子プロリーグのロサンゼルス・ソルに移籍してアシスト王に。今年はセントルイス・アスレティカでプレーしている。

「子供時代の食事」 子供のときに、食事でこだわっていたことはありますか?

「千葉県で生まれ育って、すぐ近くに海があったので、おやつに煮干しを食べていました。まあ、正直に言えば、父に食べさせられていたんです(笑)。あと牛乳もたくさん飲みました」


食べる量は多かったですか?

「給食は必ずお代わりしていましたね。あと、いらないって言った人のを、もらったり。人の1.5倍から2倍は食べていたんじゃないかな」

嫌いなものはありましたか?

「野菜ですね。ただ、サッカーのことを考えたら、野菜も食べなきゃいけないとわかって、小学校5年生くらいからは頑張って食べるようになりました」

プロになってからは、何か気をつけていますか?

「本当は意識すべきなのかもしれませんが、私はあまり気にしないようにしています。その時体が欲しがる好きなものを好きなだけ食べるのが一番いいと思っています」

好きなものっていうのはどんなものですか?

「例えば・・・ラーメン。私、ラーメンが好きなんです(笑)。あとは炭水化物が好きですね。」

今、宮間選手はアメリカに住んでいますが、食事で困ることはありますか?

「最初は大変だろうなと思っていたんですが、実際に行ってみたら、アメリカの食事もおいしかった。問題ないですね」

発行人:スクスクのっぽくん
(運営:有限会社ルーティ)
鎌田貴俊
★ご意見・ご感想は★
このメールに返信していただければ、私に届きます♪
身長にまつわる情報、お待ちしておりま?す。

★【スクスクのっぽくん通信簿】の解除はこちら↓★
%url/http:out:stop%

★【スクスクのっぽくん通信簿】のバックナンバー↓★
http://www.suku-noppo.jp/melmaga/melmaga-backnum/index.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る