姿勢スッキリ教室:身長を伸ばそう!スクスクのっぽくん通信簿

スクスクのっぽくん通信簿

お子様の成長に関わる情報を「スクスクのっぽくん通信簿」として、メールマガジンにて配信しております。
このホームページ上でも毎週最新のメルマガとバックナンバーをご覧頂けます。

【スクスクのっぽくん通信簿】vol.323/現在の読者数11,026人
スクスクのっぽくん通信簿
1時間目
担任のつぶやき
姿勢スッキリ教室
2時間目
秋山先生の♪栄養マメ知識
みなさまの質問にお答えします!
Q:子どもにおつまみのようなものを与えていいのでしょうか?
3時間目
お子様の成長に役立つ!
「のっぽくんQ&A」
第二次性徴期と身長の伸びには何か関係ありますか?
3.5時間目
すくトレワンポイントレッスン
vol.27『下半身を安定させよう!フットプレッシャー&ミニボール・スクワット』
4時間目
プロフェッショナルに聞く!
“生きる力”の育て方
俊足のラガーマン・大畑大介:第四回
大畑選手の高校時代
「姿勢スッキリ教室」 ゲストさん、こんにちは!
スクスクのっぽくんです。

先日、すくすくトレーニング主催の「姿勢スッキリ教室」を開催致しました。

強風と雨の悪天候にも関わらず、参加して下さった皆様、本当にありがとうございました。

教室の様子はこちら
たくさんの写真と一緒にレッスンの様子をご覧ください!

今回は、頼・奥野・後藤トレーナーが、付きっきりで丁寧に指導してくれました。

いつも感じることですが、自分の体のことって、分かっているようで分かっていないんだなぁと、つくづく思います。

人に見てもらうと、耳の位置、肩の位置、肩甲骨の位置、骨盤の位置、足首の位置などが、意外にズレているんです。。

でも、ストレッチポールを使って体の状態をリセットしたり、張っている部分をストレッチ、弱い部分をトレーニングしたりすることで、終わる頃には、そのズレが改善されているので不思議♪

また、普段の生活に戻ると、元の状態に戻りやすいのですが、客観的に気をつけなければいけない箇所が分かっていて、定期的にトレーニングをしていれば、随分と状態は変わってきます。

私は大丈夫!と思っていても、ほとんど全ての人が、身体にズレを抱えていますので、自分の身体のバランス状況だけでも、まずは知ってもらいたいと思います♪

正しい姿勢を保つことは、身長の伸びを間接的に高めることにつながるだけでなく、全ての動作の基本となります。

ぜひ、多くの人に、すくすくトレーニングを経験して頂きたいと思いますので、次回開催する際は、ぜひ親子で参加してみて下さいね!。

(今のところ、東京開催ですが、ご希望があれば各地で行いたいと思います。)

「ジュニアスポーツ応援プログラム」、始めました!
サッカー、野球、バスケ、バレー、陸上など、スポーツに真剣に取り組んでいる子供たちを強力にバックアップします。
パフォーマンスを向上させて、さらに活躍したいと思っている方は、ぜひご利用下さい!
詳しくはこちらのページまで

スクスクのっぽくん 担任より
みなさまの質問にお答えします! Q:子どもにおつまみのようなものを与えていいのでしょうか? A:量に注意です。
年末年始にかけて、家に人が集まる機会が多くなります。

そんなときは大人の方がお酒を飲むので、そのおつまみをお子さん達が目にする機会も多くなるでしょう。目にしてしまったら、食べたくなるのは当然かもしれませんね。

「おつまみ」とは、お酒を飲むときにいっしょ食べる簡単な食べ物ですが、サラダや煮物、焼き魚のようなものであれば、お食事のひとつとして考えられるので問題がないと思います。

気になるのは、お菓子のような珍味ではないでしょうか?

基本的には、お子さんが食べても問題ないものですが、気になるのは塩分です。

お酒のおつまみになる珍味は、だいたい味が濃いものが多いです。特に小さなお子さんは、塩分の濃い味に慣れてしまうと、その味覚が一生の基準になってしまうので、食べる頻度や量には注意してあげてほしいです。

また、揚げてあるものも多いです。さっぱりしているので低カロリーに見えても、案外揚げたものだったりもします。

材料表示を見て確かめるクセをつけましょう。材料の上位に油の表示があれば、揚げてある可能性が高いです。

また、利点もあります。お子さんの好きな甘いお菓子やスナック菓子と違って、たんぱく源である魚を加工したものが多いことです。これらの珍味は、魚ぎらいで日頃口にしないお子さんでも食べることができるかもしれません。

それ以外にも、歯ごたえのあるものが多いこともよい点です。するめやかつおの燻製のような珍味は、よく噛む必要があり、顎の発達にはよいでしょう。また、長く噛んでいても味があり、噛む練習に使われるのもよいのではないでしょうか。

食べる量を注意しながら日頃のおやつのひとつとして考えてもいいかもしれません。

特に、お子さんにおすすめしたいおつまみは、小魚とナッツが個袋になっているお菓子がありますが、このような小魚の珍味です。小魚はカルシウムを摂取することができます。

また、ナッツ類もビタミンEという成分が入っていて、血液をさらさら効果や、抗酸化作用などもあります。チーズもよく登場するおつまみです。チーズはたんぱく質やカルシウムを摂取できるので、上手にとっていただきたいです。

秋山里美プロフィール
管理栄養士 病態栄養専門師
数々の著書を執筆し、現在もセミナーや講演などで活躍中!

■ひとこと!
お酒を飲む機会もどんどん多くなりますね。二日酔いがひどくならないために、お腹に何か入れてから飲むようにしましょう。
「第二次性徴期と身長の伸びには何か関係ありますか?」 胎生期に生じる男女の違いを第一次性徴というのに対し、性的に成熟する過程でみられる男性、女性の身体的特徴の発達を第二次性徴期と呼びます。

第二次性徴の起きる時期を思春期とも呼びます。

個人差はあるものの、第二次性徴期が訪れるのは平均で男子が11歳半、女子が10歳で、この時期に身長も大きく伸びるのが特長です。

第二次性徴期の目安

<男子>
前期:睾丸が発達し、それに伴い陰嚢が増大し、赤みが帯びてくる
中期:体毛が濃くなり、陰毛、ヒゲが生えてくる
後期:声変わりする

<女子>
前期:乳首が大きくなり、それに伴い乳房が発達する
中期:腋毛、陰毛が生えてくる
後期:初潮を迎え、皮下脂肪がついてふっくらとした体つきになる

平均の身長の伸び

<男子>
10~11歳 5.0cm
11~12歳 5.6cm
12~13歳 8.6cm
13~14歳 8.7cm
14~15歳 4.5cm

<女子>
9~10歳 5.6cm
10~11歳 7.3cm
11~12歳 7.4cm
12~13歳 4.2cm
13~14歳 2.2cm

偏食気味のお子様には、スクスクカルシウムをお勧め致します。
身長の伸びに必要な栄養素を、バランスよく配合してありますので、普段の食事プラスアルファとして、ご利用下さい。

vol.27『下半身を安定させよう!フットプレッシャー&ミニボール・スクワット』 今回は、下半身を強化しましょう。

このエクササイズは、下肢(かし)と体幹を安定させ、体軸を作るのに、とても効果的なエクササイズです。

体幹が安定すると、関節の動きも良くなり、力が発揮しやすくなります。
すくトレ一押しエクササイズです♪

サッカーやバスケなど、相手と接触のあるスポーツには不可欠な要素ですよ。
では、今回も張り切ってまいりましょう!!
今日のトレーニングの詳細はこちらから!

※「すくすくトレーニング」では、お試し体験会も実施中ですので、お気軽にご参加下さい。

ラグビー日本代表として活躍し、ワールドカップにも2度出場した大畑大介さん。抜群のスピードを生かして、TBSのスポーツマンNo.1決定戦では2度も総合優勝。ピッチの外でも一躍有名になりました。その大畑さんに子供時代の食生活やラグビーを始めたきっかけを訊きました。

大畑大介さんプロフィール
1975年11月11日、大阪市生まれ。
小学校2年からラグビーを始め、東海大仰星高に進学。93年に高校日本代表に選ばれる。
50メートル5秒9の俊足を武器に、京都産業大時代に日本代表入りを果たした。98年に神戸製鋼に入社し、99年ラグビーW杯に出場。その後、オーストラリアへのラグビー留学、フランス・プロリーグのモンフェランへの移籍を経て、現在、ラグビートップリーグの神戸製鋼コベルコスティーラーズに所属している。抜群の身体能力を生かして、TBSのスポーツマンNo.1決定戦で2回優勝(2001年、2003年)した。趣味は2人の娘の育児。

「大畑選手の高校時代」 高校時代は3年間、学級委員をやっていたそうですね。

「やったというか、やらされたという感じです(笑)。担任の先生がラグビー部の監督だったので、自然に『オマエがやれ』となった。その流れで、高2も、高3も学級委員をやりました。自分からやると言ったわけじゃないんですよ。もともとみんなを引っ張るタイプではないので」


大畑選手が通っていた東海大学付属仰星高等学校は、進学校として知られていると同時に、スポーツに力を入れていることでも有名ですね。

「うちの高校には、テストで成績の悪い7名が、教室の一番前の列に座らせられるルールがあったんです。これを僕たちは『スペシャルシート』と呼んでいました。僕も1年生のときは、たまにそこになりましたね(笑)。自分としてはラグビーやるために高校に入ったので、最低限のことをしていればいいだろうと考えていました。進級と卒業さえできればいいと」

とはいえ、スペシャルシートは、クラスの中で避けたいポジションだったのではないですか?

「そうですね。あまりよろしくない(笑)。基本的に運動部の人ばかり、そこに行くんでね。そこに入らないように、仲間と切磋琢磨していました」

高校時代は朝から練習でしたか?

「朝練はなかったです。2時間くらいかけて、遠くから来る子がいたので。放課後に2、3時間、練習がありました」

練習は厳しかったんですか?

「高校のラグビー部は厳しいところが多いですけど、うちの場合は選手に考えさせながら練習させるスタイルでした。それがすごく良かったんです。練習量はもちろん多いですけど、そのおかげで考える力がついたと思います」

発行人:スクスクのっぽくん
(運営:有限会社ルーティ)
鎌田貴俊
★ご意見・ご感想は★
このメールに返信していただければ、私に届きます♪
身長にまつわる情報、お待ちしております。

★【スクスクのっぽくん通信簿】の解除はこちら↓★
%url/http:out:stop%

★【スクスクのっぽくん通信簿】のバックナンバー↓★
http://www.suku-noppo.jp/melmaga/melmaga-backnum/index.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る