こじゃず:身長を伸ばそう!スクスクのっぽくん通信簿

スクスクのっぽくん通信簿

お子様の成長に関わる情報を「スクスクのっぽくん通信簿」として、メールマガジンにて配信しております。
このホームページ上でも毎週最新のメルマガとバックナンバーをご覧頂けます。

【スクスクのっぽくん通信簿】vol.296/現在の読者数10,118人
スクスクのっぽくん通信簿
1時間目
担任のつぶやき
こじゃず
2時間目
秋山先生の♪栄養マメ知識
みなさまの質問にお答えします!
Q:新学期で新しい環境になり、少々疲れ気味。どんな食事がいいでしょうか?
3時間目
お子様の成長に役立つ!
「のっぽくんQ&A」
女の子の成長率(年間の身長の伸び)を教えて下さい。
3.5時間目
すくトレワンポイントレッスン
vol.1 姿勢チェック方法
4時間目
プロフェッショナルに聞く!
“生きる力”の育て方
ハンドボール・宮崎大輔選手:第4回
人生を変えた20歳のスペイン留学
「こじゃず」 ゲストさん、こんにちは!
スクスクのっぽくんです。

子供が小さいうちから、いろいろな文化に触れさせたいと思う親は多いのではないでしょうか?
大人には味わい深い音楽「ジャズ」も、そのひとつかもしれません。

ジャズは、それぞれの楽器が即興で持ち味を出し、楽器同士が会話するようにハーモニーを奏でる素敵な音楽です。特に、ライブは、目で見ても楽しめますし、音と音の融合が、その空間だけの独特の世界を作り出すので、鋭い感性を持った子供たちにこそ、参加し、感じて欲しいものです。

「子供も楽しめるし、大人も一緒に楽しめるようなジャズライブを開きたい!」

そんな思いを、「こじゃず」という素敵なネーミングをつけて、形にしたのが、主催者マゼル・ジャパンの田村さん。
田村さんは、2人のお子様を持つ細身のママなのですが、話し始めると、いつもこちらが圧倒されるくらい熱い方で、自ら、協力してくれるジャズメンを探し出し、企画から集客まですべてを担当されているとてもパワフルな方です。

こだわりを持ったジャズメンと、粘り強く交渉し、うまく彼らのクリエイティブ魂に火をつけながら、音を通して、子供たちとコミュニケーションをとれるプログラムを作りあげていきます。

昨年初めて行われた「こじゃず」ですが、入りきれないほど大盛況でした。
私も参加させて頂き、本物のジャズメンが奏でる「うらしまたろう」に、鳥肌が立つほど感動しました。

子供たちでも親しみの持てる曲が、彼らの感性で、全く新しい世界に仕立て上げられます。それがとてもカッコ良いんです。
子供たちも、公演前にみんなでオリジナル楽器を作って、ライブに参加できるので、大喜び。

今年は、イラストレーターが即興でイラストを描きながら、ジャズメンがそれにあわせて音を奏でていくという、今までにない面白い試みもされるそうです。
しかも、そのライブでひとつの新しい絵本を作ってしまうという、子供たちの柔軟な想像力を大きく刺激する内容になっています。

会場は東京・築地ですが、東京以外から、わざわざ足を運ぶ人もたくさんいますし、「昨年、あんなに喜んだ子供を見たのは、初めてだったので、今年は祖父母も連れて参加します」という人もいるそうです。

次回の第2回目公演も、【スクスクのっぽくん】は微力ながらお手伝いをさせて頂きますので、まだスケジュールが空いている方は、是非参加して、子供たちの想像力を高めてあげて下さい。きっと忘れられない思い出になると思いますよ♪

先着10名様に、「こじゃず」チケットをプレゼント致します。
お名前、ご住所、電話番号、参加人数、午前or午後のご希望をご記入の上、toiawase@suku-noppo.jpまでご応募下さい。
チケットの発送をもって、当選者発表とさせて頂きます。

【こじゃず公演概要】
日時
2009年7月5日(日)
開演
午前11時~(午前10時開場)
午後3時~ (午後2時 開場)
※開場と同時に公演にかかわる「ものづくりワークショプ」(参加無料)を開催します
場所
築地本願寺ブディストホール(全164席)
東京都中央区築地3-15-1 築地本願寺内
出演者
伊藤啓太 コントラバス
西尾賢 キーボード、三味線ほか
松本健一 サックス、尺八、フルートほか
藤ノ木みか イラストレーションほか
入場料
前売:大人2000円 子ども1500円 3歳以下、親子同席無料
(先行予約期間 2009年6月5日(金)までご予約の方。それ以降のご予約の方については、大人2200円、子ども1600円となります)
当日:大人2500円 子ども1800円
こじゃずホームページ
http://mazel-japan.co.jp/childeye/jazz/

スクスクのっぽくん 担任より
みなさまの質問にお答えします! Q:新学期で新しい環境になり、少々疲れ気味。どんな食事がいいでしょうか? A:「5月病」かもしれませんね。
ゴールデンウィークが明けたこの時期、「5月病」になる人がいます。

4月は、新しい学校や新しいクラスになり、お子さんたちの環境や人間関係も変わる時期ですよね。
5月になると、新しい環境になって1ヶ月が経ち、ストレスなどがピークになる頃です。この時期、めまいや頭痛、疲労感などの症状が現れたり、イライラや、やる気が起きないなどの症状がでるのが「5月病」です。

五月病になりやすいタイプというのもあり、几帳面で真面目な優等生タイプ、周囲の人に気を使う人がなりやすいそうです。

そんなときの食事のサポートは、まずはお子さんの好きなものを作ってあげてください。楽しい会話やおいしい食事は、ストレスを緩和してくれるのに役立ちます。リラックスした環境の中で、学校でのこと、体調についてなど、お子さんの話をたくさん聞いてあげてください。

また、お子さんの気持ちが落ち込んでいる原因にもよりますが、もし、お友達との関係に悩んでいるようであれば、まずは、お子さん自身がイライラしたり、攻撃的にならないように食事で応援してあげることはできます。

イライラ防止に有効的なのは、カルシウムです。牛乳やチーズなどの乳製品、小魚などを積極的に食事に取り入れましょう。大人でもそうですが、ストレスを感じているときは甘いものなどのお菓子を食べたくなります。

ストレス緩和のためには甘いもの代わりに、ヨーグルトやチーズを使ったもの、ミルクココアやミルクをたっぷりいれたミルクティーなどはいかでしょう。

アーモンドのようなナッツには、マグネシウムを多く含みます。カルシウムとマグネシウムのバランスも大切です。ナッツを甘いお菓子の代わりにおやつとして登場させてください。マグネシウムは、他に大豆製品にも含まれていますので、食事の中にとりいれてください。


秋山里美プロフィール
管理栄養士 病態栄養専門師
数々の著書を執筆し、現在もセミナーや講演などで活躍中!

■ひとこと!
6月7日(日)子どもとお父さんの料理教室を開催します!
http://www2.odn.ne.jp/akiyama-satomi/eiyo/cooking/cooking_09.06.07.html
「女の子の成長率(年間の身長の伸び)を教えて下さい。」 女の子も、男の子と同様、生まれた直後の身長は約50cmですが、生まれてからの1年間で約25cm伸び、その後は徐々に伸びが減っていきます。
思春期の到来が10歳前後と、男の子より早く迎えます。思春期を迎えるまでは、年間5~7cmずつ伸び続け、徐々に身長の伸びが減っていきます。10歳前後は年間約5cm程度と、この間では一番伸びない時期を迎えます。

思春期を迎えると、2年間は約7~8cmのペースで急激に伸び、その後の3年間は徐々に伸びが減っていき(約4cm→2cm→1cm)、15歳半前後で完全に身長の伸びが止まります。

<女の子の成長率>
年齢 平均成長率(cm) -1.5SD
1~2 10.3 8.8
2~3 8 6.8
3~4 7.1 6
4~5 6.7 5.6
5~6 6.3 5.2
6~7 5.9 4.9
7~8 5.5 4.4
8~9 5.3 4.1
9~10 5.6 4.4
10~11 7.3 5.9
11~12 7.4 6.1
12~13 4.2 2.9
13~14 2.2 1.1
14~15 1.1 0.4

※年間の身長の伸びが、-1.5SD以下の場合は、注意が必要です。一度、小児科にてご相談されることをお勧めします。

身長が伸びる時期は限られています。 普段の食事のプラスアルファとして、カルシウム・マグネシウム・亜鉛など、身長の伸びに必要な栄養素をバランスよく含んだスクスクカルシウムもお勧め致します。

「vol.1 姿勢チェック方法」 自分の姿勢は、バランスがとれていると思いこんでいませんか?
実は、ほとんどの子供たちが、骨格のゆがみや筋肉のアンバランスなどにより、体のバランスが崩れているのが現状です。
今回は、自宅で簡単に姿勢をチェックできる方法を紹介します♪
姿勢チェック方法の詳細はこちらから!

※「すくすくトレーニング」では、お試し体験会も実施中ですので、お気軽にご参加下さい。

ハンドボールの日本代表選手として活躍するだけでなく、人気番組『スポーツマンNo.1決定戦』で史上初の2連覇を成し遂げた宮崎大輔さん。

「中東の笛」で注目された昨年1月の北京五輪・アジア予選再試合において、エースとして奮闘した姿を覚えている人も多いはず。

「走る・跳ぶ・投げる」の全ての能力に秀でたスーパーアスリートは、いかにして生まれたのか。宮崎さんがスペインに旅立つ直前、大崎電気ハンドボール部の体育館で、睡眠改善インストラクター・鈴木伸彦さんを交えてお話をうかがいました。

宮崎大輔さんプロフィール
宮崎大輔 175cm、73kg
1981年 大分県大分市生まれ。
1989年 ハンドボールを始める。
1997年 大分国際情報高等学校入学。高2から2年連続でインターハイ得点王に輝く。
2000年 日本体育大学入学。
2001年 大学を休学してスペインに留学。
2003年 大学を中退して、大崎電気に入部。全日本実業団選手権の新人賞獲得。アテネ五輪予選出場。
2005年 世界選手権出場。
2006年 スポーツマNo1.決定戦で優勝。
2007年 北京五輪アジア予選に出場。
2008年 スポーツマンNo1.決定戦で優勝。北京五輪アジア予選再試合に出場。
2009年 スポーツマンNo1.決定戦で優勝。史上初の2連覇。4月にスペインのクラブの入団テストを受けるために渡欧。全日本のエースとしても活躍中。

「人生を変えた20歳のスペイン留学」 宮崎さんは大学2年生のときに、2年間スペインにハンドボール留学しました。スペインでプレーした経験は、どんな影響を与えましたか?

「いろんな意味で、自分を変えてくれましたね。スペインに行く前からハンドボールの全日本には入っていたんですが、僕はビデオ係にしかすぎなかった。当時は下っ端の選手が試合のビデオを撮らなければいけなかったんですよ。それがスペインで2年間過ごしたことで、全日本の主力になることができた。スペインでプレーしたことで、ハンドボールへの考え方が変わりました。スペインの選手たちはボールへの執着心が、とにかくすごかった」


本場のハンドボールを肌で感じることができたんですね。

「決して日本人選手が通用しないというわけではないんです。しかし、日本とスペインではハンドボールへの考え方、取り組み方が全く違った。スペインのハンドボールのリーグは完全なプロですが、日本のリーグはまだアマチュア。そういう立場の違いが、すごく大きいんですよ。スペインなら自分がやらなければクビを切られるのに対して、日本は結果を出せなくても会社には残れますからね」

留学によって人間的にも大きくなったのでは?

「試合で自分のミスが多くて悩んでいるときに、スペイン人の友達がこう言ってくれたんです。

『オレだったら、たとえミスをしても、自分のプレーを貫き通す。なぜなら、監督はオマエのプレーを評価したからこそ起用しているんだ。オマエは自分のプレーを貫き、コートの外に出されたときに初めて反省すればいい』と。

他の選手にとっては当たり前かもしれないけど、これを聞いたとき目からウロコが落ちる思いだったんです。選手それぞれが自分の力を出すという考えが、普段から差になってくる。練習では自分の能力を伸ばして、ライバルに勝たなければいけない。自然と競争が激しくなって、チームのレベルが上がるんです」

~つづく~

鈴木伸彦プロフィール
日本睡眠改善協議会認定 睡眠改善インストラクター
早稲田大学商学部卒業。大手寝具メーカーで企画に携わった後、睡眠改善インストラクターの資格を取得。現在、特に子どもの睡眠改善を目的に活動中。
スクスクのっぽくんでは、赤ちゃんから高校生まで、子どもたちの成長をサポートしています。 睡眠・栄養・運動・その他、お子様の成長に関するご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい

発行人:スクスクのっぽくん
(運営:有限会社ルーティ)
鎌田貴俊
★ご意見・ご感想は★
このメールに返信していただければ、私に届きます♪
身長にまつわる情報、お待ちしておりま~す。

★【スクスクのっぽくん通信簿】の解除はこちら↓★
%url/http:out:stop%

★【スクスクのっぽくん通信簿】のバックナンバー↓★
http://www.suku-noppo.jp/melmaga/melmaga-backnum/index.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る