自分を信じる:身長を伸ばそう!スクスクのっぽくん通信簿

スクスクのっぽくん通信簿

お子様の成長に関わる情報を「スクスクのっぽくん通信簿」として、メールマガジンにて配信しております。
このホームページ上でも毎週最新のメルマガとバックナンバーをご覧頂けます。

【スクスクのっぽくん通信簿】vol.261/現在の読者数8,174人
スクスクのっぽくん通信簿
1時間目
担任のつぶやき
「自分を信じる」
2時間目
秋山先生の♪栄養マメ知識
「この時期、気になる食事の話」
~秋の食材を上手にとりましょう~
3時間目
お子様の成長に役立つ!
「のっぽくんQ&A」
「子どもは、3日に一度くらいしか便がでないのですが、大丈夫でしょうか?」
4時間目
プロフェッショナルに聞く!
“生きる力”の育て方
満塁男・駒田徳広:第6回
「積極的マイナス思考」
「自分を信じる」 ゲストさん、こんにちは!
スクスクのっぽくんです。

先週、同僚の友人が司法試験に合格したと伺いました。
長い受験期間を経て、30歳を過ぎての合格です。

司法試験にまったく縁のない私には、想像できる域を超えていますが、国家試験の中でも最難関といわれる難しい試験であり、それに受からなければ、ずっと受験生のままという状況を考えると、きっと、不安になったり、怖くなったりすることもあったのではないでしょうか。

10年近く、その状況に耐えながら、チャレンジし続けて、結果を出した友人は、本当にタフな精神力の持ち主だと思います。

その友人にとっては、まだスタートラインに立てたばかりという心境だと思いますが、心から“おめでとうございました”とお伝えしたいです。

何に関しても言えると思いますが、物事に臨むとき、できるだけ客観的に状況を判断しながら、最後は自分を信じることができるかが、大事だと思います。

本当に自分がやりたいことであれば、自分を信じて、できる限りのことを尽くしますし、より客観性を持とうと努力すれば、自分の実力や、自分がどんな努力をすれば目標に到達することができるかがわかり、自分を信じる力が、より強固になってくる気がします。

自分の人生を納得して生きていける大きな力をもらったように思います。

今から、司法試験を目指すことは、客観的にみて私には無謀だと思いますが、その友人のように、私も常に、やりたいことにチャレンジする状況にいたいと思います。

スクスクのっぽくん 担任より
「この時期、気になる食事の話」
~秋の食材を上手にとりましょう~
まだ暑い日が続きますが、スーパーなどの食料品売り場を見ていると、秋の食材はちらほら出始めてきました。

みなさんは、秋の味覚で何が好きですか?
この時期は、お魚や果物、きのこ類などの旬の食材が多く出回っています。
そして全部がそうとは言えませんが、わりとカロリーの高い食材が多く出はじめるのがこの時期なのです。

9月はだんだん寒くなり、食物も乏しい時期になっていきます。
とれる食材が少なくなるので、体に蓄えておいて寒さに耐えられる体にするためには、皮下脂肪を増やして、体を守ることもします。

「秋の刀の魚」 と書く秋刀魚(さんま)。
塩焼きなどにすると、コンロの下に脂が落ちるので、脂を多く含む魚だということがわかります。

みなさんは、さんまを食べる時、どのぐらいの量を食べますか?
だいたいの方は1尾食べてしまうでしょう。

アジにもいろんな大きさがありますが、普通のサイズのアジとさんまを比較した場合、大きいさんまになると、アジ4尾分のカロリーに相当する場合があります
だいたい320kcalです。
成人男性で1日に肉や魚でとってほしいカロリーをさんま1尾でほぼ満たしてしまいます。

また、春と秋に旬がある「かつお」。
春の物よりも、秋の「戻りがつお 」 と呼ばれるかつおのほうが脂を多く含んでいます。

いも類ではさつま芋がこの時期です。
じっくり火にかけると甘みがでてくるさつま芋は、これもわりとカロリーが高い食材です。

秋が旬でカロリーが少ない食品もあります。
それは、しめじ、えのき、しいたけ、まいたけなどのきのこ類です。
カロリーが高いさんまなどに組み合わせてレシピを考えるとカロリーを抑え、食物繊維もとれるのでバランスの良い食事ができます

秋は、「食欲の秋 」以外に、「運動の秋」とも言われます。おいしく秋の食材を食べたら、できるだけ体を動かすようにすると太る心配がないですね。

秋山里美プロフィール
管理栄養士 病態栄養専門師
数々の著書を執筆し、現在もセミナーや講演などで活躍中!

■ひとこと!
台風の季節がやってきました。お家は大丈夫でしたか?
「子どもは、3日に一度くらいしか便がでないのですが、大丈夫でしょうか?」 最近、便秘の子どもが増えています

また、毎日排便があっても、いつ出るか時間が一定しない子どもも多いようです。

子どもによって、排便のペースはまちまちですが、3日に一度は少なすぎます。

便秘すると、食欲が落ちますし、体調にさまざまな異変が生じる場合がありますので、子どもの成長にとっても、良くありません。

対策としては、いくつかありますが、まず繊維質をたくさん摂ること
繊維質は腸における便の通過時間を短縮する力がありますし、腸内を清掃もしてくれます。

また、規則正しい食事時間と適切な量を摂ることも大切です。

ヨーグルトなどを摂取することも、腸内細菌の作用を調整する役割がありますので効果的です。

しかし、一番は定期排便することです。

毎日、同じ時間に必ずトイレにしゃがむようにすると、初めはなかなか出てくれませんが、毎日続けていると、腸運動のリズムが確立され、同じ時間に排便がみられるようになります。

お子さまの普段の健康維持のためにも、定期排便を心がけてください。

「満塁男」の異名をとりながら、通算で2006安打という偉業を成し遂げた選手。
在籍した巨人と横浜で日本一を経験して、TVなどの解説者としても活躍中の駒田徳広さん。
2児の父であり、指導者としても活躍された駒田さんの子供の成長論や子育て論など、興味深いお話を今回から8回にわたって紹介します。

駒田徳広さんプロフィール
・1962年 奈良県に生まれる
・1981年 読売ジャイアンツに入団
・1994年 横浜ベイスターズへ移籍
・2000年 2000本安打を達成
・2000年 現役引退
・2005年 東北楽天ゴールデンイーグルス打撃コーチ
・現在 解説者などで活躍中。名球会会員。

「積極的マイナス思考」 積極的マイナス思考」と聞いて、何を想像するだろうか。
これは、駒田さんの生き様を表すキーワードなのかもしれない。「積極的マイナス思考」とは何か。順を追って説明していこう。

すくすくアカデミー」で姿勢とバランスのコンディショニングエクササイズを提唱する鶴渕氏は、程度の差はあれ、ストレスが原因で多少なりとも睡眠を妨げられている子供たちと接する機会がある。
その話を鶴渕氏が切り出すと、駒田さんはこう断言した。


(ストレスは)あって当然なんです。例えば、(人から)期待されるときには、ストレスを感じるんですよ。逆に、期待されていないときは、ストレスは感じないように見える。でも、『期待されていない』っていうストレスが今度は出てくるんですよ。だから、人間って……生きているうちはストレスを感じないことなど絶対にないんですよ」

では、駒田さんはどのようにストレスと付き合ってきたのだろか。
「満塁男」の異名を持つ駒田さんは、「なぜ、チャンスで打てるのか? ストレスやプレッシャーは感じないのか?」と問われ続けてきた。

その答えが、こうだ。

「『積極的マイナス思考』です。最悪のことから考えていったら、それ以上悪いことはない。だから、チャンスのときにはまず最悪のことを考えて……。最悪の場合、三振して(チームも)負けちゃう。しょうがないだろう。勝負は時の運だよ、って思う。それぐらいの覚悟を決めてやったら、けっこう楽なもんなんですよ」

これこそが、チャンスに強い男の考え方だったのだ。

駒田さんはそこからさらに話を進め、2児の父としての子供への愛情のかけ方まで披露してくれた。


「だから、子供に対してもそうなんだけど、『頑張れ』っていいながら、うまくいかないときはどうしようかを我々が……親が考えておけばいいじゃないですか? ダメなときはどうするかを親が考えていれば、それを子供は匂いで感じ取ってくれるはずなんですよ。『頑張れ』って言ってるけども、ダメなときは何らかの絵を親は描いてくれているんじゃないかな、って子供も多少は思うんですよ。それが子供にとってはすごい保険になる、って僕は思うな」

今回は、駒田さんの生き様を読み解くキーワードから、駒田さんの子供への愛情のかけ方まで紹介した。

次回はさらに、駒田さんの考える理想的な親としてのあり方について紹介しよう。

~続く~

発行人:スクスクのっぽくん
(運営:有限会社ルーティ)
鎌田貴俊
★ご意見・ご感想は★
このメールに返信していただければ、私に届きます♪
身長にまつわる情報、お待ちしておりま~す。

★【スクスクのっぽくん通信簿】の解除はこちら↓★
%url/http:out:stop%

★【スクスクのっぽくん通信簿】のバックナンバー↓★
http://www.suku-noppo.jp/melmaga/melmaga-backnum/index.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る