夏場の汗とカルシウム:身長を伸ばそう!スクスクのっぽくん通信簿

スクスクのっぽくん通信簿

お子様の成長に関わる情報を「スクスクのっぽくん通信簿」として、メールマガジンにて配信しております。
このホームページ上でも毎週最新のメルマガとバックナンバーをご覧頂けます。

【スクスクのっぽくん通信簿】vol.256/現在の読者数7,984人
スクスクのっぽくん通信簿
1時間目
担任のつぶやき
「夏場の汗とカルシウム」
2時間目
秋山先生の♪栄養マメ知識
「この時期、気になる食事の話」
~水分のとり方~
3時間目
お子様の成長に役立つ!
「のっぽくんQ&A」
「息子は、牛乳を一日に1リットル以上飲んでいますが、身長の伸びに影響はありますか?」
4時間目
プロフェッショナルに聞く!
“生きる力”の育て方
満塁男・駒田徳広:第1回
「駒田さんが野球を始めたころ」
「夏場の汗とカルシウム」 ゲストさん、こんにちは!
スクスクのっぽくんです。

暑いですね!

私は新陳代謝が良いのか、小さい頃から汗をよくかくのですが、夏場は、自分でもびっくりするくらい大量にかきます。

先日、暑い中、朝から晩までテニスをしたときは、汗でシャツが飽和状態になるので、5枚くらい着替えましたが、後で体重を計ると3kgくらい減っていました。
(あとで、たくさん食べて飲むので、結局元に戻るのですが。笑)

途中で食事を摂ったり、飲み物を大量に飲んだりしていますので(尿としても出ていますが)、単純に考えても3リットル以上は汗として出ているのではないかと思います。

ちょっと調べてみたところ、人間は、寒い冬におとなしく生活したとしても、1日の汗の量は1リットル以上、暑い夏だと、普通に活動して過ごすだけで1日3リットル、外を歩く時などは1時間で0.5リットル、マラソン選手は1回のマラソンで6リットルもの汗をかくそうです。

そして、その流れる汗1リットルの中には、約50mgのカルシウムが一緒に流れ出てしまっているそうです。

尿からも同様にカルシウムは流れ出ていますので、通常でも日本人に最も足りていないと言われるカルシウムは、夏場はさらに不足してしまう可能性が高くなります。

外で遊びまわったり、プールで泳ぐ子供たちも、気付かないうちに汗をたくさんかいています。

新陳代謝が良くなる夏場は、子供たちの成長にとっても重要な時期ですので、しっかり食べて、しっかり寝て、しっかり運動するとともに、プラスアルファとして、カルシウムを補給することをおすすめします。

私も、体調管理のために、スクスクカルシウムを飲んでいますが、ココア味でとっても美味しいので、子供に限らず、ご家族の体調管理にもおすすめです♪
スクスクのっぽくん 担任より

「この時期、気になる食事の話」 ~水分のとり方~ 皆様、お盆はどのようにお過ごしになられましたか?
ここ最近の日差しの強さにはびっくりしますね。

日差しが強い分、気温も高く汗もかきます。
汗をかき、その蒸発することで熱を奪ってくれます。

体が自動的に行ってくれる便利な機能ですが、私達も意識して体をケアしてあげなければいけないことがあります。

それが水分補給です。

人間の体は筋肉や骨などでできていますが、その中で水分がどのぐらい体の中にあるかご存知ですか?

私達の体の60%は水分でできています。
この60%というのは成人男性の数字で、60歳の方では50%、反対に子供のほうが体内の水が多く、幼児では70%、赤ちゃんはなんと80%が水分なんだそうです。

成人の男性よりも女性のほうが水分が少ないのは、女性のほうが脂肪が多いため、体の構成成分を%で表わすと少なくなってしまうそうです。

水分は体の中に留まっているだけではなく、いろんな形で体の外に出てしまいます。
汗以外にも、尿や便、それ以外に呼吸をしただけで400mlほど約16%の水分が体から抜けていっています。

その全体量は2500mlです。
これだけの量が出てしまうのですから水分をその分補給する必要があります。

水分は、液体以外にも食品を食べるだけでも水分をとることができます。
そのため飲み物として摂取を心がけていただきたい量は1日に1500mlです。

この水の飲み方にも注意があります。
まず、飲むタイミングですが、のどが渇いた!と思ってから飲むのは実はちょっと遅いのです。
その前にこまめに水分補給をする必要があります。

特に高齢者は喉の渇きが鈍くなっていますので、定期的に水分をとることを心がけましょう。

また、たくさんに一気に飲むのもよくありません。
水分ばかりでお腹がいっぱいになっては食事ができなくなる上、胃酸も薄まり消化に影響があるそうです。

夜中にトイレに起きてしまう人に多いのですが、寝る前や寝る前の入浴のあとに水分をとらずに寝てしまう方がいます。
寝ている間には汗がでるため、水分が減っています。

特に今の時期はクーラーをかけっぱなしにしない限り、かなりの汗をかいているはずです。
寝る前の水分補給、起きたあとの水分補給をお願いします。

スポーツなどをして汗をかいた場合、早急に水分を体に入れてあげたいときお薦めなのはスポーツドリンクです。
人間の体に近い成分に調整してあるので、吸収がいいのが特徴です。

ただし、血糖が高い人や血圧が気になる方は、糖分塩分が入っているので要注意です。

体の水分不足で怖いのが脱水症状です。
この脱水、体の水分が2~4%減ってしまうだけで起こってしまうそうです。
それだけ私達の体には水分が必要ということですね。

秋山里美プロフィール
管理栄養士 病態栄養専門師
数々の著書を執筆し、現在もセミナーや講演などで活躍中!

■ひとこと!
先週は地元の花火大会でした。うちのベランダから見えるので、テーブルと椅子を出して花火を見ました。贅沢な時間でした。
「息子は、牛乳を一日に1リットル以上飲んでいますが、身長の伸びに影響はありますか?」 身長を伸ばす上で、最も重要な栄養素は、タンパク質・カルシウム・マグネシウム・亜鉛といわれています。
(もちろん、それ以外の栄養素もバランスよく摂ることが必要です。)

その中でも、カルシウムは腸からの吸収率が低い上に、一度に吸収される量が限られているため、食事や飲料から摂取しようとしても、便や尿から排泄されてしまう場合が多くあります。

しかし、中でも牛乳のカルシウムは、非常に吸収率が高く、毎日摂取することは子供の成長にとって有効なことだと言えるでしょう。

ただ、牛乳には脂肪分も多く含まれていますので、1リットル以上飲むとカロリーを摂り過ぎてしまう可能性もありますし、一度に吸収されずに排泄されるカルシウム量も増えてしまいますので、適度に飲むことをおすすめします。

ユニカルカルシウムは、牛乳カルシウムの1.35倍の吸収率を可能にしたものです。
普段の食事プラスアルファとして、おすすめします。

「満塁男」の異名をとりながら、通算で2006安打という偉業を成し遂げた選手。
在籍した巨人と横浜で日本一を経験して、TVなどの解説者としても活躍中の駒田徳広さん。
2児の父であり、指導者としても活躍された駒田さんの子供の成長論や子育て論など、興味深いお話を今回から8回にわたって紹介します。

駒田徳広さんプロフィール
・1962年 奈良県に生まれる
・1981年 読売ジャイアンツに入団
・1994年 横浜ベイスターズへ移籍
・2000年 2000本安打を達成
・2000年 現役引退
・2005年 東北楽天ゴールデンイーグルス打撃コーチ
・現在 解説者などで活躍中。名球会会員。

「駒田さんが野球を始めたころ」 野球のルールを覚えたのは幼稚園の年長くらいだった、と駒田さんは記憶している。
だが、本格的に野球を始めることになったのは、中学生になってからである。
プロ通算で2000本安打を放ち、名球会入り果たした選手であることを考えれば、駒田さんが真剣に野球に取り組み始めた時期はとても遅かったようにも感じられる。


駒田さんの通っていた小学校には野球部はなかった。
学校から帰ってくるなり、ランドセルだけ置いて家を飛び出し、公園で友達と野球をする。
そんなことはよくあったが、あくまでも野球は数ある遊びの中の一つに過ぎなかった。

逆に、傍から見れば、駒田さんは水泳の練習に精を出していたのではないかとさえ思えてくる。
駒田さんの通っていた奈良県にある小学校は、当時の公立小学校の中では唯一、温水プールの施設を持っていた。
駒田さんは1969年の4月に小学校に入学して、1975年の3月に卒業しているわけだから、その時代に温水プールがあるというのがいかに珍しいのかがわかるだろう。

駒田さんは、小学3年生の冬から水泳をはじめた。
奈良県の中でも3位か4位くらいには入る成績を残していたが、それではつまらないと駒田さんは感じていた。
自身の通う小学校での成績が、県内での成績とほぼ同じくらいだったことも影響した。
結局、小学校を卒業するときに水泳をやめてしまうのだが、小学生のときに水泳を習っていたことについて駒田さんはこんな風に考えている。


「偶然なのかもわからないけど、草野球程度の野球と水泳をやっていたというのは非常にバランスが良かったのかもしれないな」

なぜ、駒田さんはそのように考えるのか。子供が小さいうちから専門的な特定の競技動作指導に偏ってしまいがちな現状を目の当たりにし、それを危惧している、「すくすくアカデミー」で姿勢とバランスのコンディショニングエクササイズを提唱する鶴渕氏は、その理由をさらに問うた。

すると、TVなどの解説でもお馴染みの語り口で駒田さんは、話し始めた。

~続く~

発行人:スクスクのっぽくん
(運営:有限会社ルーティ)
鎌田貴俊
★ご意見・ご感想は★
このメールに返信していただければ、私に届きます♪
身長にまつわる情報、お待ちしておりま~す。

★【スクスクのっぽくん通信簿】の解除はこちら↓★
%url/http:out:stop%

★【スクスクのっぽくん通信簿】のバックナンバー↓★
http://www.suku-noppo.jp/melmaga/melmaga-backnum/index.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る