非常時にお役立ていただきたいトレーニング | :スクスクのっぽくんスクスクのっぽくん
 >   >  非常時にお役立ていただきたいトレーニング

非常時にお役立ていただきたいトレーニング

非常時における運動不足の解消やメンタルケアにお役立ていただけるトレーニングを、全国の小中学校での実績多数のスクスクのっぽくんの運動部『すくすくトレーニング』がご紹介します。

エコノミー症候群予防!
下半身の血流改善のためのエクササイズ

エコノミー症候群を避けるためには、血流の改善が第一。 座ったままで出来る下半身の血流改善のためのマッサージとエクササイズをご紹介します。

足の指、足の裏、足首、すね、ふくらはぎ、お尻、股関節等を限られたスペースでもきちんと動かすことで、血流の改善につなげることが出来ますので、血流が気になった際には是非思い出して実践していただきたいと思います。

エコノミー症候群(静脈血栓塞栓症)とは?

飛行機の「エコノミークラス」での座席のように、長時間自由に動ける範囲が狭い状況にいると血流が悪くなり、静脈に血栓が出来ることがあります。その血栓が歩行などをきっかけに肺の血管に及び呼吸困難やショックを起こすこともあり、それらの症状はエコノミー症候群と呼ばれています。

【災害時には】

「エコノミー症候群」は、決して飛行機内のみで起こる症状ではありません。運動が不足し血流が悪くなればどんな状況でも症状が起こる可能性は拭えません。 特に災害時には、自動車に避難し車中泊せざるを得ない状況や避難所生活で動きが取りづらい状況が長く続くケースもあり、エコノミー症候群になる可能性が多いことが否めません。

また、状況によりトイレ等の設備が周囲で十分でないことが原因で、水分補給を控えてしまうケースもありますが、血流をスムーズにするためにも可能であれば水分補給は十分に行っていただきたいと思います。

気持ちをリラックスさせる呼吸法

変化の著しい状況においては、子供達のみならず保護者の方々もなかなか気持ちが落ち着かないことが少なくありません。

そんな時には、この動画でご紹介する呼吸法と、簡単なストレッチを取り入れてみてください。緊張が続く状況で、浅くなりがちな呼吸を深く行うように変えることで、身体をほぐし、気持ちをリラックスさせましょう。

気持ちが落ち着かない時や気分転換をしたい時には、是非以下のトレーニングを思い出して実践していただきたいと思います。

被災地の復興をお祈り申し上げます

スクスクのっぽくんは、子供達の健やかな成長のためにこれからも情報をお届けし続けて参ります。
そして微力ではございますが、上記のトレーニングを少しでも毎日の生活にお役に立てていただければ幸いに思います。
被災された皆さまに心よりお見舞いを申し上げますとともに、被災地の一日も早い復旧、復興を心よりお祈り申し上げます。

スクスクのっぽくんスタッフ一同

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る