「わが子の足が遅い」のが悩み!? 運動会を控えた親の悩み、具体例のほとんどが「かけっこ」にまつわるもの | :スクスクのっぽくんスクスクのっぽくん
 »  » 「わが子の足が遅い」のが悩み!? 運動会を控えた親の悩み、具体例のほとんどが「かけっこ」にまつわるもの
のっぽくんDATA

子供達の成長期の悩みや成長について、データや専門家の意見等から、しっかりとした知識をつけていただけるよう、のっぽくんがご案内します。

「わが子の足が遅い」のが悩み!? 運動会を控えた親の悩み、具体例のほとんどが「かけっこ」にまつわるもの

子どもの身長、体重、成長に関する情報サイト「スクスクのっぽくん(www.suku-noppo.jp/)」では、「運動会のお悩み」というテーマでアンケートを実施。動会で子どもが参加する競技の第一位は「徒競走」や「かけっこ」などの走る競技でした。
(20〜60代の18歳以下の子供をもつ保護者にアンケートより集計)

undoukai01 undoukai02 undoukai03
1位リレー
2位お弁当
3位勝つこと、一番になること
4位応援
5位ダンス
運動会で子どもが楽しみにしていることの第一位がリレー。やはり走る競技は運動会の花形種目です。そして二位が運動会のお弁当!

さらに、運動会に対する悩みはありますか?との質問をしたところ、約3割が「はい」と回答。具体的に何について悩んでいるのか調査をしたところ、「はい」と答えた方の約半数が、子どもの足が遅く、かけっこや徒競走、リレーで早く走れないことについて悩んでいることがわかりました。

そのほとんどの親が子どもの練習に付き合ったり、より早く走れるようにアドバイスを行っているものの、「手を早く振るように言う」「一緒に走ってみる」といった簡単な内容にとどまっている現状が浮き彫りに。

では、実際のところどのように子どもにアドバイスをするのが望ましいのでしょうか。実は足を早くするためには、上体を真っ直ぐにキープする筋力、そして柔軟かつ力強い股関節から繰り出されるストロークが必要になります。これを身に着けるためには、「手を早く振る」「親子で一緒に走る」だけでない、必要な筋肉にアプローチする具体的なトレーニングを行わなくてはなりません。スクスクのっぽくんでは、わかりやすく誰でもすぐ取り入れられる「子供の足を早くするトレーニング」の動画を無料でご提供しています。再生回数15万回を超えるヒット動画であり、実際にトレーニングを行い足が速くなったという声もたくさん寄せられています。ぜひ運動会の前にご覧いただき、家庭内のトレーニングにお役立てください。

子供の足を速くするトレーニング【すくすくトレーニング】

スクスクのっぽくんは、このような動画提供のほか、学校向けの姿勢教室、各種スポーツトレーニングなどを手がける「すくすくトレーニング」をプロデュースしています。子供の身長・姿勢(体幹)・運動の悩み、姿勢矯正のことまで幅広くご相談ください。

データ一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る